F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

明日の国葬への雑感(その2)。

明日は安倍晋三元総理の国葬が営まれる。これについての雑感は以前にも書いた。

安倍元総理は吉田茂元総理と比肩しうるか問題。 - F-nameのブログ

この感想が未だに抜けないでいる。要は日本政府におかれては歴史を踏まえて欲しいというのが率直な感想である。大東亜戦争の敗北から、国葬はただの1回しか行なわれていない(大日本帝国では数多く営まれているが)。幾ら総理経験者でも、吉田茂氏しか国葬にはされていないのにアンバランスunbalanceを抱く。まあ今さら国葬を止めろと言っても仕方がない。明日が無事におわるよう祈る。特に警備。仮に要人がテロで死ぬと、日本の安全神話は瓦解するかもしれないから。それにしても多くの参列者は元総理の追悼をしたいから国葬に出席するのか、それとも日本政府に阿る意図なのか。願わくは前者であらんことを。

ど。#類語新辞典

野球の試合として大きな要素なのはピッチャーpitcher、つまり投手である。先ずはpitcherがキャッチャーcatcherにボールballを投げるのがプレイplayの始まりである。なのでpitcherが上手く投げられるかは重要である。playの前にpitcherは投球練習をする。ど真ん中に投げることもあるのだが、本番でそれをするとヒットを打たれる可能性が大きくなる。事ほど左様に野球は難しい。ううみゅ。

悪魔。#アラン定義集

今でもウクライナUkraina他で戦火が絶えない。軍事施設でない建物を爆撃するNEWSも頻繁に耳にする。普段は気にも留めないだろうけど、今から77年前の昭和20年(1945年)には日本の各地でも米軍による爆撃が大々的に行われ、焼け跡と化した場所も多い。アメリカ軍は夜間に照明灯を空中で灯し、それから絨毯爆撃を繰り広げ多くの犠牲者が出た。人々は悪魔の行ないと感じた方が多いのではないか。まあ戦争と言うのは、何処かで悪魔の要素を持たないと従事は出来ないのだろう。何しろ人殺しであるから。だからと言って兵隊を持つな、とは言わないが。

今日は良い天気。

ここ2,3日は朝が涼しくなった。流石に秋分の日を過ぎたので一段落か。今日も同様。

f:id:F-name:20220925084254p:image

これからの週間の天気。今とは変わらない予測。

f:id:F-name:20220925084345p:image

久々に良い天気。雨雲も無い。

f:id:F-name:20220925084430p:image

かなり長く堤防近くには行ってなかった。一面の青空。布団や毛布を干す。

f:id:F-name:20220925084544j:image

昼も良い天気(^^)

追伸:今朝も北がミサイルmissileを発射。何処までやるのだろうか。

デー。#類語新辞典

特別な催しなどがある日を、一般に「○○・デー」と呼称する。例えば「バースデー」は誕生日のことであるし、「バレンタインデー」は主に女性から男性にチョコなどを贈る日である。

 

ただ例外もある。「ウィークデー」は平日一般のことである。以前は土曜日も入れていたが、最近では含めないことの方が多いだろう。太古の昔は土曜の午前中も働いたり学んだりして「半ドン」とも呼んだが、今では職場も学校も週休2日になっている。まあクリニックclinicでは土曜の午前も診察を受け付けていたりする。小売業の従事者としては、世間で休みと見做される日が多いほど望ましい。

献身。#アラン定義集

医療の世界では様々な職種の方々が、人々の疾病を治療するなどしている。要するに人々の健康的な生活の為に献身していると言える。私も或る病院で働いていたことがある。と言っても事務の当直だったのだけど。一番記憶に残っているのは、病院でお亡くなりになられた方を葬儀場に届けるときである。スタッフ総出で見送る訳である(と言っても宿直の人間だけなので数人程度)。故人がどのような生き方をしたのだろうと、粛然とした思いをする。まあ自分の肉親が死んだ際はもっと大変だけど。一昨年の肉親の死を思い返す。

地震と台風のダブル・パンチ?

眠っていたら揺れが。それを感じて目が醒めてしまう。更に大きな揺れが来てカタストロフィcatastropheになるのではと緊張する。ただ再びは揺れは来ない。少し安心して、NHKのアプリで情報を得る。

f:id:F-name:20220924040537p:image

最大で震度2であったとのことである。震度1が広範囲に観測されたが、さほどの地震では無さそうであり安堵する。

因みに未明の地震発生時の台風の情報(週末は4週連続で来たらしい)。東海道新幹線も運行中止になったとのこと。

f:id:F-name:20220924040744p:image

どうやら地震と台風のダブル・パンチは免れた模様。台風で避難所に居るのに、更に地震が来たらどうしようもないところである。

 

なお重複して災害が起こった事例。と言っても前の方は明らかに「人災」だけど。昭和20年9月の被曝した広島市に枕崎台風が来て2千人以上の犠牲者が。

終戦直後の広島を襲ったもう一つの惨禍「枕崎台風」 | NHK広島 核・平和特集ブログ|NHKブログ