F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

多声的音楽の始まり -西洋音楽の夜明け(西洋音楽史第3回)

グレゴリオ聖歌の現物を聞く。音楽になりきっていない、とは思えなかったのは私の偏見?

 

古代ギリシアから?現物は殆ど残っていない。あくまで理念的。中世から?西洋世界が誕生したのが中世から。中世音楽については大量の楽譜が残っている。グレゴリオ聖歌。一度も絶えること無く。7世紀前半にまとめた?男性によってラテン語で歌われた。カトリック。修道院によって。「怒りの日」。パガニーニ狂詩曲。単旋律無伴奏。ラフマニノフには垂直の次元、はっきりしたリズム。グレゴリオ聖歌は一種の呪文のようなもの。音楽にはなりきっていない?非感覚的なところがある。共感の喜びはあまり見当たらない。ある種の抽象性。ステンドグラス。神秘的な非物質性。神の国からの啓示。キリスト教は非常に禁欲的。肉体から解放された時。身体を忌み嫌う。肉体の喜びの拒絶。ハーモニーを持っていない。皮膚の下の体温がない。多彩な音色は官能性をもたらす。音階の特質。ドレミファソラシド、ではない。ドから始まるのでは無い。浮遊感。ドで始まる音階は半音の求心力があるけれど、近代はドレミファソラシドの音階を使う時代。今の音楽は複数の音が同時に鳴り、音楽の垂直の次元がある。9世紀に重大な変化。2声で歌われるようになった。単旋律からの転換。ポリフォニー、多声音楽とは何か?綿密な設計。ノイズの渦との違い。

 

西洋音楽史 (放送大学教材)

西洋音楽史 (放送大学教材)

 

 

 

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)

 

 放送大学の書きなぐりのまとめページは、https://blog.kaname-fujita.work/openuniversity

気絶。

若い頃、朝仕事に出かける前に、玄関で気絶しかけた。思い返しても原因は良く分からない。見つけた家族が救急車を読んでくれて、病院へ。CTをとって異常なしと言われる。ううみゅ。仕事を休んだし、病院代も嵩んだ。昨日の疲れがとれてはいなかったのかもしれない。それ以来、仕事の前には充分に睡眠をとるよう心がけている。意識してリフレッシュrefreshも寝る前にしなければと思う。私の場合は読書をすれば良いので単純だけど。

 

アラン定義集未定義語のまとめページはhttps://blog.kaname-fujita.work/alanです。

アリナミン錠。

コンビニでアリナミン錠の2錠入りがあったので、試しに服用してみる。どういう機序なのか分からないが、鼻水が止まらなくなる。ううみゅ。マスクを着用しているので、何とか誤魔化せているけれど。やはり体調が悪い時には、新兵器を投入しない方が無難だと実感。明日も勤務だけど、乗り切れるだろうか。

国際法の形成と適用と解釈(国際法第3回)

国内法と違って?ダイナミズムに富んでいる法ではあるのだなあと感じる。

 

多数国間条約。3カ国以上。国際立法?ウイーン条約法条約。国会承認条約と行政取決め。砂川事件。無効と取消。無効原因。条約の終了原因。普遍性の要請。留保。一体性の要請。解釈宣言。保留。契約国のみに権利義務が及ぶ。13年7月。合意は拘束。合意されていないことには拘束されない。慣習国際法。一般国際法。一般慣行と法的確信。国家実行。国際礼譲との区別。インスタント慣習国際法。法の欠缺。慣習国際法が存在しない。法の一般原則。各国に共通の原則。ソフトローの概念。
正統性、公正さが重要?法規範としての国際法の存立を否定?適用可能な国際法が複数あった場合は?特別法と一般法の関係。強行規範。抵触する条約は無条件で無効。どのような法規が?

 

国際法 (放送大学教材)

国際法 (放送大学教材)

 

 放送大学の書きなぐりのまとめページは、https://blog.kaname-fujita.work/openuniversity

 

溢れ出ること

人への親切。溢れ出るまで励行しなければと感じている。少しの親切も出来ないでいることが多いけれど。溢れ出るまで人に尽くせば、自分に返ってくることもある筈。それに、親切にすること自体が自分の精神状態を良くする、そんな効果も期待できる。例えば献血をすること。以前はマメに献血ルームに通っていたけれど、最近は行けていない。血は必要とされているのだから、時々は献血しなければと反省している。心地良い体験ができる筈だから。

 

アラン定義集未定義語のまとめページはhttps://blog.kaname-fujita.work/alanです。

棚一杯。

1日休んで仕事に復帰。事務所に入り棚を見ると、案件で一杯になり溢れそう。何とか隙間を作る。他の仕事もあるので、隙間作りに専念は出来ないけれど。まあ頑張らないといけないと思う。

正月の予定について聞かれる。1歳の頃から高槻に住んでいるので、帰省はしない。というか毎日帰省している(笑)連休なので旅行に行こうかとも思ったが、所用を片付けなければならないので暇もないし、旅行費も捻出出来ない。行きたい所は色々あるけれど。

勘定記入と仕訳・転記(初級簿記第3回)

仕組が良く考えられているなあと、いつもため息をついてしまう。

 

会計取引。資産負債純資産の変動。簿記では実際に現金や商品の変動を指す。契約締結だけでは会計取引とは言わない。また、火災や盗難で変動しても会計取引という。財産取引。資産負債だけの変化も。資本取引、純資産の変動。損益取引。複合していることも。混合取引。現金変動の観点からも。現金取引や振替取引。
勘定。資産=負債+純資産。貸借対照表等式。一々思い浮かべながら取引するのは煩雑。遅れが生じ間違えやすい。勘定という記録場所。記録の簡略化。増加と減少を記録。左右の計算場所。入金と出金を別の場所に書く。左側を借方。右側を貸方。入金は借方、出金は貸方。残高。分けて記録。勘定科目。資産の勘定、現金、備品、商品。増加したら借方、減少したら貸方。貸借対照表を思い浮かべる。負債勘定。貸方に増加、借方に減少。借入金など。純資産の勘定。貸方に増加、借方に減少。費用、増加発生が借方。収益、増加発生が貸方。。貸借平均の原理。借方と貸方は金額が一致。勘定記入により単純化。試算表を作成することで自己検証出来る。勘定科目を集めたものを総勘定元帳という。勘定口座。T勘定。標準式と残高式。
勘定に間違いなく記入する為に、仕訳という確認作業をワンクッション置く。前提となるのは会計取引の分解。貸方借方が何かを確認する。
仕訳。記録方法。勘定に転記。借方の要素と貸方の要素。それから日付。資産を左側に書くというポジション自体が増加を意味する。(借)(貸)。仕訳帳。命令があるので勘定に飛んで記入。何故なのかは仕訳帳で分かる。相手勘定科目。元帳に記録するために仕訳帳に元帳欄がある。仕訳帳と元帳で相互参照出来るようにしている、チェックしやすいように。メモのことを小書きという。諸口。複数勘定ある場合。

 

初級簿記 (放送大学教材)

初級簿記 (放送大学教材)

 

 放送大学の書きなぐりのまとめページは、https://blog.hatena.ne.jp/F-name/f-name.hatenadiary.com/edit?entry=10257846132615