F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

犯罪臨床と家族(臨床家族社会学第6回)

自分に何が出来るか模索していきたいと思う。

 

犯罪臨床システム。微罪処分、反則金。検察官は起訴するかどうかを決める。不起訴。略式手続。公判手続。刑事施設。受刑者。仮釈放。保護観察。更生保護。犯罪と家族。犯罪要因としての家族。法は家庭に入らず、と言われる。一般論としては入るのが原則。家庭内暴力など。家族内殺人。高齢者による事件の増加。加害者被害者が家族なのが多い。立ち直りの手立てとしての家族。再犯抑止に。家族のもとに帰れるかどうか。家族への支援が必要。更生の場となる。家族責任論から社会責任論に。子育て問題。親の犯罪が子供の非行を生む。
生活環境の調整。更生保護。家族への働きかけ。帰順先の家庭環境。社会的排除の対象とならないように。家族への心理教育。保護観察所。非行と向き合う親の会。ダルク。受刑者への更生プログラム。PFI。社会復帰促進センター。家族の感情に目を向ける。加害者臨床と家族。DV。虐待。親密な関係性における。対象者の問題行動に困っている家族。個人の病理や逸脱に終わらない。法律的に画一的に処分するのでなく、社会的統合に。ダイバージョン。家庭裁判所調査官。司法臨床。家族療法のシステムアプローチ。
被害者支援としての家族臨床。心理的被害。トラウマを抱えた家族の支援を。当事者による自助組織。当事者の家族の手記、ナラティブ・アプローチ。ウィル。当事者活動。自分の思いを吐き出す。聞いてくれる人がいる。一人で耐えるのはとても大変。専門家のサポートが必要。言えない時は言わない。話したい時に話せる場所があることは大事。自らの語り、ナラティブ・アプローチ。加害者臨床でも被害者の話を聞くのは必要なこと。
立ち直りの手立てとしての家族。

 

臨床家族社会学 (放送大学教材)

臨床家族社会学 (放送大学教材)

 

 放送大学の書きなぐりのまとめページは、https://blog.kaname-fujita.work/openuniversity

励まし。

自分はされて嬉しいけれど、他の人にはサボりがちな行為。他にもあるけど、恐らくは一番典型的なもの。変に聞こえることではなく適切な言葉を選ばなければと、プレッシャーpressureがかかってくるからかもしれない。たとえ短い言葉でも、相手に励ましが伝われば良いのだけれど、結構難しい。先ずは自分の不精なところを直さなければと思う。なかなか実践出来ないけれど。励ましの必要性を心から感じていないせいなのかもしれない。苦労知らず、だろうか?ううみゅ。

 

アラン定義集未定義語のまとめページはhttps://blog.kaname-fujita.work/alanです。

雨水。

気がつかなかったが、昨日は雨水だった。確かに昨日から今日にかけて天気は崩れたが、寒さはマシになった。春の嵐はまだらしいけれど。このまま暖かくなって欲しいなあと思う。

朝はネットカフェで作業をする。自宅にプリンタが無いからだけど、導入した方が良いかもしれない。スペースを確保しなければ。

昼はリンガーハットで野菜たっぷり皿うどんを。梅田の中央軒に比べてボリュームがある。生姜のドレッシングも味に合う。

f:id:F-name:20190220171524j:image

 

インド洋とアフリカ -スワヒリ都市の社会と文化-(アフリカ世界の歴史と文化第6回)

スワヒリ都市について詳しく知りたくなった。

 

スワヒリ都市。アフリカの東海岸。インド洋交易。アフリカでは森林と海。アラビア半島では砂漠。対称性と補完性。モンスーンによって様々な交易が。アザニア。7世紀にはイスラームが。アラブ人が。スワヒリ都市国家の建設。13世紀にかけて発展。スワヒリ文化。
スワヒリ都市は11世紀から15世紀に隆盛。アラブ人。ペルシア人。かなり文化的な融合が。アラブ、インドから。商人は風の向きによって。土地の女性と結婚して在住する者も。王族に仕える平民。奴隷もいたようだが、小作農みたいなもの。一つの国家が他を平定することは無かったらしい。平定してポルトガルを防げば時代は変わっていた?スワヒリ都市文化は?イスラームを基盤とした混交文化。しかしイスラーム文化とイコールではない。スワヒリ語の形成。起源を辿ることがまだ出来ていない。スワヒリ古語はあまりよく再構築はされていない。ビジン?そうではなさそう。アラビア語の借入語彙は多かったけれど。後にポルトガル語も。建物は様々。
ポルトガルによるスワヒリ都市の影響。内部抗争はなかったけれど、団結できず略奪を許した。

 

アフリカ世界の歴史と文化―ヨーロッパ世界との関わり (放送大学大学院教材)

アフリカ世界の歴史と文化―ヨーロッパ世界との関わり (放送大学大学院教材)

 

 

ライバル意識。

入学した学部ではライバルがすぐに見つかった。佐藤(憲法の佐藤幸治師の書物)を読んだ、こういう内容だった、など。やはり同期に入学した人間に対しては、ライバル意識が生じやすいと言えるかもしれない。意識過剰になって仲が悪くなりがちなのも事実だけど。幸い大学時代にはそういうことにはならなかった。お互いそれどころでは無かったのかも。それから高校や予備校ではライバルは居なかった。自分に余裕が無かっただけかもしれない。

手指のカサカサ感。

冬場になると手指のカサカサ感が止まらない。指のアチコチに絆創膏を装着している。例えば左の人差し指にも傷がある。写真で分かるだろうか。

f:id:F-name:20190219133654j:image

傷口が深く広くなりそうなので絆創膏を塗布する。

f:id:F-name:20190219133748j:image

手指の中でも一番酷いのは右の人差し指。傷口が塞がったので絆創膏を剥がしたが、商品に頻繁に触れるのもあって、かなりカサカサになっている。

f:id:F-name:20190219133951j:image

春になれば治るのだろうか。栄養分の摂取に問題があるのかもしれない。

賃金制度(人的資源管理第6回)

同一労働同一賃金は難しい問題を孕んでいるかも。

 

外部競争性。労働市場における自社の競争力。欧米で。職務給が中心なので、比較が容易。労働移動が少ない日本だと、内部公平性を重視。
職務給と職能給。個人の職務遂行能力。賃金を変えずに配置転換が出来る。能力主義と柔軟な職務配置が両立できる。多分に年功制が残る。習熟昇給。低い号数の金額から高い号数の金額に。人事考課の結果。能力考課。考課ランク。昇格昇給。数年に一度。隣の賃金テーブルに。職能給は何故年功制になりやすいのか?習熟昇給の差が少ない。昇格しなくてもかなりの間は昇給可能。昇格自体が年功的。職務給。職務の難易度による。職務等級制度。職務記述書。職務評価。組織内の公平性。同一労働同一賃金。仕事が変わると金額が変わる、職務転換は慎重に。シングルレート。レンジレート。各等級の下限と上限が明確に。バンドの中で制限。比較的短いので。組織への貢献と賃金を一致させる。日本では?食えるだけの賃金を求めた。生活保障給。年齢と家族構成による。電産型賃金。年功的賃金に不満が。当初は職務給を、しかし挫折。職務が曖昧。境界もはっきりしない。配置転換が頻繁。60年代後半から職能給。日本社会によく馴染む。90年代後半から、限界が。成果主義の賃金制度が。職務給や役割給。職能給。長期勤続のインセンティブ。多能工の育成が可能に。優秀な現場労働者が。年功的な部分が残り、賃金総額が膨張する。成果主義賃金制度。職務給。ホワイトカラーを中心として。役割給。煩雑な職務分析を簡略化する。大枠を捉える。簡潔な制度に。柔軟な役割設定が可能に。仕事の価値が変化。職務の考え方に個人の事情を。若い人の活躍を期待できる。曖昧なところが含まれるので、運用を誤ると職能給と変わらなくなる。業績連動型賞与。賞与原資を労使で決定。客観的な財務諸表で。利益の上下で。動機づけに。会社業績加算。一括して年俸制にすることも。
コンサルタント曰く。近年は同一労働同一賃金。非正規社員との格差是正。同一的ななるがまだ主流。従来の職能給の要素も。ダブルラダー。従来の面が残る。同一労働同一賃金のガイドライン。不合理な処遇の是正を。賃金決定が合理的なのか?待遇差の合理性。一個一個について。正社員を手厚く?諸手当。正社員に対する対価は何か?給与項目ごとに。正社員の年功型賃金。同一企業に長くいることの意味。雇用期間の長期化。高年齢者、グローバル化。少子高齢化。多様な働き方。女性や障害者。賃金決定も多様化に。
同一労働同一賃金。90年代以降変化が広範囲で。成果主義への批判が。職能給が成果を上げていたので。日本の成果主義賃金は業績だけで決まってしまうもの?プロセス重視。成果だけではなく。中高年の賃金は年功性が薄まっているが、若者はそれほど変わっていない。育成期間の間は年功性が。客観的指標が重視されるようになった。組織的目標が個人にブレイクダウン。仕事の結果だけでなく、行動も重視されている。チームワークがおろそかになる?人材育成の問題も。細かく指導を。若い内は賃金が重要視されるのではない。かなり慎重に検討され導入されている。乱暴な変化はあまりない。しかし負担を強いることも。
雇用の多様化。賃金制度の多様化が進む。介護や子育ての対応も。同一職務同一賃金。グローバル化。国内で働く外国人も増えるし、海外事業での従業員も。創造的な仕事も多くなっている。非金銭的報酬も考えるべき。幅広い視点から。

 

人的資源管理 (放送大学大学院教材)

人的資源管理 (放送大学大学院教材)