F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

ボールビーのアタッチメント理論解説:危機時に特定個体への近接で安全感を得る行動、フェルトセキュリティとシステム論を探究。(発達心理学特論第6回)♯放送大学講義録

-----講義録始め------

 

これらのすべての理論を統合して作られたのが、ボールビーによるアタッチメント理論です。

アタッチメントとは「くっつく」という意味で、日本語では「愛着」と訳されます。この理論は、ハーローやローレンツの動物研究からも影響を受けており、人間に限らず、全ての生き物に適用可能な理論と考えられています。アタッチメントは、危機的状況に直面したり、危機を予知し、恐れや不安が強く喚起された際に、特定の他個体に近づくことで主観的な安全感を回復、維持しようとする行動として定義されます。

このような危機の状況では、他個体への接近を維持することが、生き延びるために自然に備わった特性です。近づくこと、そしてその近くにいる状態を維持することによって、主観的な安全感を感じることができます。これは「フェルトセキュリティ」と呼ばれ、安心感や自分が大丈夫だと感じる感覚を指します。

アタッチメント理論はシステム論とも言われます。これは、動的な全体として機能するものです。理論によると、個体は安全基地にいることで安心のエネルギーを補給され、そのエネルギーを使って外の世界を探索に出ます。基地から離れると不安が増し、安心のエネルギーが消費されますが、基地に戻ることで再びエネルギーを補給し、安心を取り戻します。このアタッチメントシステムは、生涯にわたって機能し続けるものです。

 

 

 

ローレンツのインプリンティング研究を解説。動物が生存のために「非可逆性」と「臨界期」の概念を通じて親に追尾する行動を学ぶ過程を明らかに。(発達心理学特論第6回)♯放送大学講義録

------講義録始め------

 

もう1つの動物からの知見は、比較行動学のローレンツの研究によるものです。ローレンツは自分が飼育していた大型の水鳥が子供として自分に付いてくるという現象をインプリンティングとして捉えました。

大型の水鳥は、卵から孵るとすぐに親鳥にくっついて餌場に移動する習性を持っています。親鳥とは言いましたが、自然環境では子供が初めて目にする一定の大きさを持ち動くものが親鳥となりますが、ローレンツは自分が飼育したことから人間にとっての親になってしまったわけです。

インプリンティング、または刷り込みとも呼ばれますが、これはひなが生きていくために必要なシステムとして備わっているものです。子供には、目にした一定の大きさがあり、動くという条件を満たす刺激が必要です。これを発達刺激と言いますが、これがなければ、子供は誤ってアリにくっついていったり、岩のそばにうずくまってしまうことがあります。また、それは一定期間内に成立することが分かっています。孵化後1日くらいで、それ以降になると成立しなくなります。これを臨界期と言います。さらに、一度作られたものは元には戻らない、作り直しができないという意味で、非可逆性を特徴としています。

厳しい自然環境の中で、敵に襲われるなどの生命の危機を避けるために、親と認識された対象にくっついていくことが必須となります。そこで、追尾努力と言いますが、親という対象にくっついていくのが困難であればあるほど、より強く接近を維持しようとする傾向があることが知られています。過酷な環境で追いかけるのが大変な岩場や水中では、親から少しでも離れてしまうことは生命の危険を意味します。ですので、追いかけるのに苦労するほど、より対象を強く求めることになるのは、生存上の必要条件となります。

このことから、人間の親子関係についての示唆があるとするならば、虐待の親子関係の場合、そばにいることが辛い場合でも、いつも心地よいケアを受けるわけではなく、逆に一緒にいることが苦痛をもたらすような親子関係であっても、子供は親から離れることはしません。それは、親にくっついていくのが困難であればあるほど、より不安が強く、その分より強く親を求めるという状態を作っていると考えられます。

 

 

 

親子関係の理解にはハーロー実験が重要。精神分析論と学習理論を超え、接触慰安と安全基地の概念がキーとなる。(発達心理学特論第6回)♯放送大学講義録

------講義録始め------

 

ただ、授乳を通じた親子関係という説明だけで本当に親子の絆を完全に説明できるのかという疑問があります。人間も動物の一種です。そこで、動物を対象とした研究から親子関係の形成に関する重要な見解が2つ出されました。

1つ目は、赤毛ザルの親子の分離実験によるハーローの研究です。この研究は代理母親実験として知られており、母親から分離された小猿に2種類の代理母親が用意されました。一つは金属製の針金で作られた母親で、哺乳瓶が付いており、ミルクを与えることができます。もう一つは、体が布でできている触感の良い布製の母親です。

もし精神分析論や学習理論による親子関係の説明が正しいならば、小猿は針金製の母親と密接な関係を築くと予測されますが、実験の結果はそうではありませんでした。どちらの母親と関係を築いているかは、小猿が不安や恐怖を感じた時にどちらの母親を求めるかで判断されました。小猿は、脅威を感じた際に布製の母親にしがみつく行動をとることが観察されました。これによりハーローは接触による慰安が重要であると結論づけました。

ただし、この結果については、猿は親の手を掴む習性があるためにこのような結果となったのであって、人間の場合は異なる可能性があるという批判もありました。そうした動物の本能とは別に、安心の拠り所としての「安全基地」という概念がその後の親子関係の理論にとって重要なものとなりました。

 

 

 

 

親子関係の解釈において、フロイトの精神分析理論と学習理論が重要。リビドー、一次的・二次的動機付けがキーワード。(発達心理学特論第6回)♯放送大学講義録

------講義録始め-------

 

親子関係の解釈は古来から様々な見方が提示されてきました。主な理論を整理すると、以下の通りです。

一つ目は精神分析理論で、これはフロイトによるものです。この理論では発達過程の中でリビドーと呼ばれる性的エネルギーが外界のどこに向かうのかを時期によって捉えます。特に乳児期の親子関係では、赤ちゃんが母親の乳を吸う行為を通じて密接なつながりが形成されるとされます。授乳を通じた唇との接触が親子関係の基礎を形成すると考えられています。

もう一つは学習理論です。学習理論では、全ての生き物には元々存在する一次的動機付けがあります。一次的動機付けとは、飢餓や渇き、不快感などの状態が発生した際、学習を必要とせず自然に心地良い状態を求める本能的な動機です。赤ちゃんの場合、自力でこれらの不快な状態を解消することはできません。そんな時、母親が現れて快適な状態を提供することが繰り返されると、赤ちゃんは学習の結果として母親の姿を求めるようになります。これを二次的動機付けと言います。親に対する子どもの依存性は、学習の結果として形成されると考えられています。

基本的に親子関係は、精神分析理論でも学習理論でも、母親との授乳を通じた関係が基盤にあるという解釈です。

 

 

 

人間関係の多様性と重要性を探る記事。(発達心理学特論第6回)♯放送大学講義録

------講義録始め------

 

人間関係と一口に言っても様々な種類があります。私たち人間は社会的な動物であり、他の人との関係なしには存在し得ません。皆さんにとって最も身近な人は誰でしょうか。父親、母親、友人、配偶者など、さまざまな可能性があるでしょう。

人との関係の発達を考えるときに重要な概念としてアタッチメント理論を取り上げます。今日取り上げるテーマは次の3つです。1つ目は親子関係の発達、2つ目はアタッチメント理論、3つ目は社会的ネットワーク理論です。これまで人間関係に関する捉え方がどのようになされてきたのか、そして親子関係に焦点を当てたアタッチメント理論がどのように形成され、その内容がどのようなものであるかを考えます。さらに、親子関係だけではなく、より多様な人間関係についても考察します。どのような捉え方があるのかを整理していきましょう。

 

 

 

日本バレエの歴史と文化的根付きを探る。アンナ・パヴロワから始まり、少女漫画としてのバレエの影響、帝国劇場での初演から現代への発展まで。(舞台芸術の魅力第5回)#放送大学講義録

-----講義録始め-----

 

日本でバレエを根付かせたのはアンナ・パヴロワです。日本では慣例的に「エリアナ・パブロバ」と呼ばれてきました。彼女は日本バレエの母とされ、彼女の弟子たちが戦後に日本のバレエ界をリードすることになります。戦前はバレエよりもむしろモダンダンスの方が盛んでしたが、終戦後、まだ東京が焼け野原だった1946年(昭和21年)、帝国劇場で『白鳥の湖』が日本で初めて上演され、大成功を収めました。何と2ヶ月間毎日上映されたのです。現在、白鳥の湖を2ヶ月間毎日上演できるバレエ団は存在しません。それ以来、日本のバレエは着実に発展を続け、バレエ大国となりました。ただ、我が国では舞台芸術や娯楽としてよりも、むしろ習い事として普及したというのが日本のバレエの大きな特徴です。

また、少女漫画の歴史を見てみると、1950年代からバレエは少女漫画のお気に入りのジャンルでした。半世紀以上前から、バレリーナは少女たちの憧れの的でした。バレエを扱った少女漫画はおびただしい数ありますが、その中でも特に傑出した作品が山岸涼子さんの『アラベスク』です。1970年代に少女漫画雑誌に連載されました。山岸涼子さんはその後21世紀に入ってからも『ダヴィンチ』雑誌に『テレプシコーラ』というバレエ漫画を連載し、漫画界最高の賞の一つである手塚治虫賞を受賞しています。『アラベスク』は旧ソ連時代のバレエ界を舞台にしており、『テレプシコーラ』は現代日本のバレエ学校を舞台にしています。

今回は実際のバレエレッスンの風景をご覧いただき、またゲストを交えて日本のバレエについて考えてみました。バレエが日本に紹介されてから約100年、その間に日本のバレエは大きく成長しました。今ではもう、海外のものを日本人がやっているというだけではなく、日本の芸術文化の一部にしっかりと根付いたと思います。今後、さまざまな問題点、例えばバレエは非常にお金がかかるという問題がありますが、それを乗り越えて日本のバレエがこれからどのような発展をしていくか、皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

 

 

 

日本はバレエ大国で、多くの国際的なバレエ団が訪れ、国内のバレエ人口も多い。明治時代に帝国劇場建設と共にバレエが導入されました。(舞台芸術の魅力第5回)#放送大学講義録

------講義録始め------

 

レッスン風景、いかがだったでしょうか。私もやってみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。さて、日本はご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、バレエ大国と呼ばれています。これには二つの意味があります。一つは、世界の超一流の有名バレエ団が毎年いくつも日本を訪れて、私たちはその場にいながらにして世界の様々なバレエを見ることができるということです。もう一つは、実際にバレエを習っている人たちの数が非常に多いということです。昭和音楽大学バレエ研究所が調査したところによると、ざっと日本のバレエ人口は40万人と言われています。こんなに多くの子供たち、大人の方もいらっしゃるわけですが、それだけの人数がバレエをしていることは世界広しといえども珍しいことです。また、バレエ教室の数、バレエ学校の数、そしてバレエ団の数も非常に多いわけです。

しかし、もちろんバレエというのは元々日本にあったわけではありません。ヨーロッパで生まれ、ヨーロッパで育ったものです。では、それがどうやって日本に伝わってきたのでしょうか。話は明治時代にさかのぼります。明治時代には、西洋のオペラやバレエができるような劇場を作るべきだという話が盛り上がり、政界、財界の人々が集まって、1911年に帝国劇場が建設されます。そして、その翌年、オペラとバレエの指導のために、ロンドンからジョバンニ・ビットリロシという人が招かれました。この人が日本に初めて本格的にバレエを紹介した人物です。話が少し前後しますが、この帝国劇場はその後、松竹のものになったり、東宝のものになり、一時は映画館として使われていましたが、現在は新しい建物に建て替えられて、同じ場所に演劇の劇場として現存しています。明治の終わり頃からこのバレエが紹介されて、当時はトウダンスやつま先舞踊と呼ばれていましたが、1916年、大正5年には朝日新聞に連載された夏目漱石の作品の中にも「バレエ」という言葉が出てきます。つまり、その頃にはすでにバレエを教える教室が1つや2つではなく、何箇所かあったと想像されます。このことはまだ詳しいことはわかりませんが、この時代にいきなりバレエが日本に定着したわけではありません。