F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

日本の超高齢社会における高齢者の住まい方について学びます。バリアフリーリフォームの費用対策、老人ホーム以外の選択肢、資産活用の方法を紹介し、高齢者が安心して暮らせる知識を提供します。(暮らしに活かす不動産学第11回)#放送大学講義録

------講義録始め-------

 

今回は、高齢期の住まい方について学びます。日本では超高齢社会になっています。高齢期に安心して暮らすためには、住まいの物理的な条件だけでなく、住まいの権利や経済面も考慮することが必要です。

資産を活用し、高齢期に安心して暮らすための基礎的な知識を学んでいきましょう。今回の学習のポイントはこちらです。高齢期に自宅をバリアフリーにリフォームする場合、その費用はどうすればよいでしょうか。高齢期の住まいに老人ホーム以外の選択肢はあるのでしょうか。高齢の認知症の母が不動産を売ってしまった場合に有効な対策はあるのでしょうか。

今回も太郎さんと花子さんと一緒に考えていきましょう。


「母さんも気をつけてね。」

「お母さん、どうかしたの。」

「いや、なんか自宅をバリアフリーにしたいって言ってるんだ。」

「いいじゃない。それの何が問題なの。バリアフリーの工事ならメリットが多いでしょ。どんどん進めてもらいましょうよ。それに足腰が弱っても安全で自由に動けるようになるし、いいことばかりじゃない。」

「そうなんだけど、費用が結構かかるんだって。僕たちも家のローンや学費でいっぱいいっぱいだしね。」

太郎さん、悩んでおられましたね。自宅をバリアフリーにリフォームしたいけれど、費用がない。そんな時、どんな方法があるのでしょうか。

 

 

 

ハスラムは非人間化を物化と動物化に分類し、人間らしさの否定が評価に影響すると指摘します。対人認知は評価や関わり方を決め、擬人化と非人間化が現代社会で重要なテーマとなっています。#放送大学講義録(心理と教育へのいざない第9回)

------講義録始め------

 

ところで、先ほどの説明では、人を人として認識しない現象を単に非人間化と呼んでいましたが、ハスラムという研究者は、非人間化には人間を無生物とみなす物化と人間以外の動物とみなす動物化があることを指摘しています。物化とは人間の本質に関わる特性を否定すること、動物化とは人間に特有の特性を否定することと説明しています。

人間の本質に関わる特性とは、人間が生まれつき持っている本質的な特性のことで、人間らしさとでも言うべきものです。したがって、これはマインドサーベイの経験性次元におおよそ対応しています。ハスラムによれば、物化された人間は感情や温もり、柔軟性や能動性を欠いており、取り替えが可能な機械のような存在と見なされるとされています。一方、人間に特有の特性とは、他の類似する対象と区別される人間の独自性のことで、マインドサーベイの行為性次元に対応します。動物化された人間は、粗野で教養や知性に乏しく、自制心がない存在とみなされます。物化と動物化は否定される特性が異なりますが、いずれも自分と比べて相手を劣った存在と位置づける点では共通しています。

既にご説明したように、対人認知は単に他者を認識するだけの過程ではなく、相手を評価する過程でもあり、それによってその後の相手との関わり方が決まってきます。非人間化のうち、動物化が起き、人間に特有の特性が否定されると軽蔑や嫌悪の対象となりやすく、物化が起きると人間の本質に関わる特性がないとみなされ、相手への無関心や共感性の欠如などが生じます。

今回の授業では、擬人化と非人間化という現象を通じ、対人認知という社会心理学における重要な研究テーマについて考えてきました。人間を人間として認知するというごく当たり前のことが、実は複雑な心の働きに支えられていること、また、対人認知は単に他者を認識するということを超えて、評価やその相手との関わり方を決めるものであるということを理解していただけたでしょうか。

擬人化と非人間化の問題は、私たちの日常生活においてますます身近になっています。国と国との対立や葛藤の中で、外集団の人々を非人間化して貶めるといった不幸な現実がある一方で、ロボットなどテクノロジーは擬人化され、ユーザーフレンドリーになっています。人間に似た顔を持つコンピューターに提示されたアンケートは、社会的に望ましい反応を増加させるという研究もあり、やはり私たちは人に似た存在に対しては人と同じように振る舞うようです。これらはいずれも人間が社会的動物であるが故に起きる現象です。

 

 

 

非人間化とは、人間を物のように扱う現象で、擬人化と対照的です。外集団や異なる社会的立場の人が対象となりやすく、道徳的配慮を欠く行動に繋がることがあります。戦時プロパガンダでも利用されます。#放送大学講義録(心理と教育へのいざない第9回)

-----講義録始め-------

 

物を人間と認識する擬人化とは反対に、私たちは人間を物のように扱うことがあります。この非人間化という現象は、擬人化とちょうどコインの裏表のような関係にあります。実際、擬人化の引き金が非人間化の引き金にもなることが知られています。例えば、知覚的に類似したものが擬人化されるのとは反対に、知覚的に類似していない人間は物のように扱われやすい傾向があります。この場合の類似性は自分を基準に判断されるため、非人間化の対象となるのは主に外集団、すなわち自分を含まない集団のメンバーです。

具体的には、外国人のように自分とは見た目が異なる他者は非人間化の対象となりやすい傾向があります。また、同じ国の人間であっても、社会的な位置づけが自分とは大きく異なる他者は、知覚的には類似していても外集団のメンバーとみなされやすく、そのような対象には人を認知した際に生じるはずの脳活動が見られないことから、非人間化が起きていると考えられます。人間ではないものに対して人を認知した際と同様の脳活動が見られる一方で、人に対して人を認知した際の脳活動が見られない場合があるというのは非常に不思議なことですが、これは対人認知が対象の物理的・表面的な特徴を認識するだけの過程ではないということを示しています。

同様にして、擬人化の場合とは反対に、自律性や予測不能性が感じられない相手は物として認識されやすいという非人間化の傾向が見られます。そのため、他者を自分の意のままに操ることができる立場にいる者は、人間を道具と見なす傾向が見られます。上司が部下を駒のように扱ったり、従業員を機械の歯車の一つとしてしか見ないといった現象がこれに当たります。また、心のつながりを欲する人が擬人化をするのとは反対に、他者との関係に満足している人が、その関係の外にある人を非人間化する可能性も指摘されています。

自分が所属する内集団の結束が固いほど、外集団のメンバーを自分と同じ人間とみなさなくなるのも、これが一因だと考えられます。擬人化することで対象が道徳的配慮の対象になるのとは反対に、他者を非人間化することは、その人に対して悪行を働くことを許すことにもなります。実際、非人間化によって暴力の指示や過去の悪行の正当化が高まることを示した研究もあります。戦時下に行われるプロパガンダでは、敵を猿や家畜、ゴキブリなど人以外のものや、人より劣った動物に表現するのが常套手段です。

さて、前述の通り、対人認知は物理的・表面的な特徴の把握を主とする物の認知とは異なり、心理的・内面的特徴の把握に重点が置かれます。このように考えると、非人間化とは、人間に対して心の存在を否定することと言い換えることができるでしょう。

 

 

 

グレイらのマインドサーベイ研究では、対象の心の知覚が「経験性」と「行為性」の2つの次元に基づいて評価されました。成人や乳児、神など13種類の対象に対する知覚を調査し、各次元の評定が明らかになりました。#放送大学講義録(心理と教育へのいざない第9回)

------講義録始め------

 

しかし、そもそも対象に心を知覚するというのはどのようなことなのでしょうか。グレイという研究者たちは、マインドサーベイと呼ばれるとてもシンプルな調査を行いました。

具体的には、13種類の対象を2つずつ対にして示し、どちらの方が様々な心の働きや能力を持ち合わせているかを尋ねました。例えば、生後5カ月の赤ちゃんとロボットの写真を左右に並べて示し、どちらの方が痛みを感じやすいかを5段階で尋ね、同じ程度だと思えば真ん中を選ぶ、といった具合です。評価する13種類の対象には、例に挙げた生後5カ月の赤ちゃんやロボットのほか、生きている人間として5歳の少女、成人の男性、女性、植物状態の男性、人間以外の動物として飼い犬、野生のチンパンジー、さらに死んでいる女性や神、回答者本人も含まれていました。

調査の結果、私たちの心の知覚は次の2つの次元に基づいていることがわかりました。1つは「経験性」(エクスペリエンス)と名付けられたもので、対象に飢え、恐れ、痛み、喜び、怒り、欲求などを知覚するというものです。もう1つは「行為性」(エイジェンシー)と名付けられた次元で、こちらには自己統制、道徳性、記憶、感情の認識、計画性などが含まれます。

印刷教材には、マインドサーベイの結果を図示したものを掲載しています。縦軸が経験性、横軸が行為性となっていますので、経験性については上の方にプロットされた対象ほど、また行為性については右の方にプロットされた対象ほど、それらが高いと評定されたことを示しています。

したがって、両次元の評定値が高い右上にプロットされた対象、具体的には成人男性や女性、回答者自身は心の働きや能力が知覚されやすいのに対し、左上にプロットされている乳児は経験性、つまり恐れ、痛み、喜びなどは経験しやすいけれども、自己統制、道徳性などの行為性は低いと評定されていることがわかります。また、それとは反対に神は右下にプロットされていることから、行為性次元の評定値は高いものの、経験性次元における評定値は低いことがわかります。

ただし、この結果は2000名以上が参加したウェブ上での調査による平均的な結果だという点にご注意ください。人によってそれぞれの対象の位置づけは異なるでしょう。また、成人の男性、女性は経験性、行為性ともに高く評価されていますが、外集団のメンバーであれば話は別でしょう。自分だったら様々な対象をどこに位置づけるかを考えてみると、その対象のことを自分がどのように認識しているかを振り返るきっかけになるかもしれません。

なお、このマインドサーベイでは他にもいくつかの質問をしていますが、経験性も行為性も高いと評定された対象ほど好意的に評価され、その対象を幸せにしたいと考えられていました。しかし、もしそれぞれの対象が人を殺したとしたら、どちらを罰するべきですか?といった質問には、行為性の方が関係しており、反対にどちらか一方に危害を加えざるを得ないとしたら、どちらに危害を加えるのがあなたにとってより苦痛ですか?といった質問には、経験性が関係しているなど、1つの次元に強く関係しているものもありました。

非道徳的行動を行った際には、自己統制力や道徳性のように自ら行為を行う際に必要とされる能力を持った存在は、より大きな責めを負うべきと考えられる一方で、飢え、恐怖、痛みなど主観的な経験を持つとされる存在は、加害行為で傷つくことが予測されるため、保護の対象とされやすいということです。

 

 

 

 

擬人化とパレイドリア現象を通じて、私たちが物に感情や意志を見出す理由を探ります。孤独感や愛着が擬人化を促し、道徳的配慮につながることも解説します。#放送大学講義録(心理と教育へのいざない第9回)

-----講義録始め------

 

予測不能という意味では、自然災害や非常に稀な事件や事故が起こった時に「神の怒りによるものだ」と説明するのも一種の擬人化と言えます。アメリカの9.11同時多発テロでは、ワールドトレードセンタービルの火災の様子を写した写真を見た人が、立ち上る黒煙の中に人の顔が見えると主張したことをきっかけに、テロは悪魔の仕業だと大騒ぎになりました。神や悪魔は厳密には人とは言えないかもしれませんが、本来は意思を持った存在が引き起こしたものではない事象をそのように認識してしまうのも擬人化と考えられます。

最後に、擬人化は心のつながりがある、あるいはつながりを持ちたいという対象に対して起こりやすいという指摘もあります。ペットがその典型で、愛情を持って育てている飼い主にとっては、ペットは猫でも魚でも人間と同じように感情や意志を持った存在です。先ほど挙げたパソコンや自動車なども、それに愛着がある人ほど擬人化が起きやすい傾向が見られます。

また、孤独を感じ、他者とつながりを持ちたいと思っている人ほど、物に対して擬人化が起きやすいことを指摘する研究もあります。孤独はただ寂しいというだけでなく、心身の健康に悪影響を及ぼすことが知られており、日本でも国を挙げてさまざまな対策がとられています。したがって、孤独な人が身の回りのものを擬人化するのは、ある種の防衛手段なのかもしれません。

フィクションではありますが、映画「キャスト・アウェイ」では、飛行機の墜落により無人島に漂着した主人公のチャックが、島を脱出するまでの4年間、たった一人で島で生活することになりますが、その孤独を紛らわすため、顔のような血の跡がついたバレーボールを「ウィルソン」と名付け、心の支えとする様子が描かれます。いよいよ無人島から脱出する時、突然このバレーボールのウィルソンとの別れの時が訪れますが、その時の主人公チャックの様子は、まるで無二の親友と生き別れになるかのようです。

皆さんが愛着を持っているものは何でしょうか。それを手放さざるを得ない時、単に物を手放すのとは違う気持ちが起きたりしないでしょうか。

さて、ある研究者は、擬人化の最も重要な意味として、その対象が道徳的な配慮を受ける存在として認識されることを挙げています。人間のように表現することにより、その対象を人間のように扱うようになるということです。ペットは擬人化されることで大切に扱われますし、環境に配慮した行動を促すために地球を「母なる大地」と擬人化するのも意味があることかもしれません。

 

 

 

パレイドリア現象と擬人化について解説します。私たちは物を人の顔や感情を持つ存在として認識することがあります。自律性を感じる動きや動機の解釈が関係しています。#放送大学講義録(心理と教育へのいざない第9回)

------講義録始め------

 

それでは、私たちはどのようなものを人の顔と認識するのでしょうか。

パレイドリア現象の場合、その引き金となるのは多くの場合、知覚的な類似性です。例えば、丸い点が2つ並んでいると、それだけで私たちは目と捉えてしまいます。電源コンセントが顔に見えるのは、上にある2つの穴が目に見えることに伴い、下にある1つの穴が口に見えるからでしょう。また、自動車は正面から見たときにフロントライトが目に見えることから顔と認識されやすく、メーカー側も顧客の好みそうな顔を意識して自動車を製造しているようです。

皆さんもぜひ、身近に顔に見えるものがないかを探してみてください。また、インターネットで「パレイドリア」をキーワードにして画像検索をすると、人の顔に見える自然物や人工物がたくさん出てきますので、ご覧になってみてください。

ただ、擬人化という現象をもう少し広い意味で捉えた場合、私たちが物を人間として誤認識する引き金はほかにもあります。実際、人間として扱うには相応しくない単なる幾何学図形であっても、その動きを見て感情や意志を持った人間と認識することがあります。

ある有名な研究では、大きさの異なる2つの三角形と小さな丸が画面を動き回る動画を学生に見せ、後からその動画の内容を説明するように求めました。すると、ほとんどの学生が「大きな三角形が小さな三角形をいじめている」とか「小さな三角形が小さな丸を守ろうとしている」など、動画に登場したただの図形が動機を持って動いているかのように擬人化した説明をしました。別の研究で、同じ動画を乳児に見せた場合、他の図形をいじめているように見える大きい三角形から乳児が視線を外す様子が見られたことから、乳児であっても図形を加害の意図やパーソナリティを持った関わりたくない存在として認識していたことがわかります。

この科目はラジオ講義なので、ここで動画をお見せできないのが残念ですが、今ご紹介した研究で使われた動画もインターネットで検索すれば出てきますので、ぜひご自身でもどのように見えるかを試してみてください。このように、私たちは認識する対象の動きに自律性を感じたり、その動きが簡単には予測できないものだと感じたりすると、その対象をまるで人であるかのように扱うことがあります。そこに心や意思を仮定することで、動きに説明がつき、納得できるからだと考えられています。

最近はあまりないかもしれませんが、私が大学生の頃はパソコンの性能が今ほど良くなかったので、突如フリーズしてしまうことが頻繁にありました。そんな時、今日は機嫌が悪いななどと言ってなだめながら再起動をかけたりしたものでした。

 

 

 

対人認知と擬人化、パレイドリアなどの現象を通じて、私たちの認知エラーがどのように生じるかを探ります。イグノーベル賞に関連した研究も紹介し、トップダウン処理の重要性を解説します。#放送大学講義録(心理と教育へのいざない第9回)

------講義録始め------

 

さて、前のセクションでは対人認知と物の認知が異なる心の働きであることを説明しましたが、時として私たちは物を人間として認識することがあります。これは擬人化と呼ばれる現象です。本来は物であるはずのものを人間として認識するという意味で、擬人化は対人認知のエラーと言えますが、なぜこのようなエラーが生じるのかを紐解くことで、対人認知という心の過程についてより深く理解することができます。

まず、擬人化と関係が深いパレイドリアと呼ばれる現象について見ていきたいと思います。パレイドリアとは、元々は無意味なものを知っているもの、意味があるものと解釈する現象のことを指します。身近な例としては、月の模様がウサギの餅つきをしている様子に見えるといったものがあります。ただ、月の模様のように無意味な模様が人間以外の事物として認識される例は少なく、パレイドリア現象において圧倒的に多いのは人の顔として誤認識される例であることがわかっています。

皆さんも、電源コンセントが人の顔に見えて微笑んだり、壁の木目や写真に写った光の影が人の顔に見えて幽霊ではないかと怯えたりといった経験を1つや2つお持ちではないでしょうか。年配の方なら「人面魚」ブームを覚えているかもしれません。

イグノーベル賞という賞をご存知でしょうか。ノーベル賞の頭に「イグ」という否定の接頭語を付けたこの賞は、ノーベル賞のパロディとして創設されたもので、研究者本人は大真面目にやっているのだけれども、外から見ると思わず笑ってしまう研究に与えられます。しかし、ただ笑わせるだけではなく、よく考えると意味深い研究にも賞が与えられています。本家のノーベル賞には心理学の賞はありませんが、イグノーベル賞では心理学に関する研究が頻繁に受賞しています。

その1つに、このパレイドリア現象に関する研究があります。それは、トーストの焦げがキリスト像そっくりだと世界的に話題になったことをきっかけに行われた研究で、その研究によれば、ただのノイズでしかない画像に顔が隠れていると信じ込まされると、約3分の1の実験参加者は実際に顔が見えたと言い、その時には本当の顔を見た時と同じような脳の活動が見られたといいます。一方、同じ画像を見せて、そこに文字が隠れていると信じ込まされると、やはり約3分の1の実験参加者は文字が見えたと答えましたが、その時の脳の活動は顔が見えた参加者のものとは異なるものでした。

これは、私たちの認知が外から入ってくる情報のボトムアップ的な処理だけでなく、元々持っている知識によるトップダウン的な処理に基づいていることを示しています。この研究では、実験の操作として文字が見えると信じ込まされる条件が設定されていましたが、普段の生活においては無意味な模様に顔を見ることが非常に多いことが知られています。私たちは日常的にたくさんの人と接しており、それらを識別するために非常に多くの顔の知識を持っています。その知識が、無意味な模様を顔と認識させ、顔としての情報処理を行うことにつながっているのだと考えられます。