F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

秋のフルーツこれ一本。

朝にコンビニに寄ると、KAGOMEから「秋のフルーツこれ一本」が売られていたので購入する。

f:id:F-name:20190822132436j:image

KAGOMEはフルーツジュースの四季のシリーズを季節毎にリリースしている。夏の分が8月の初旬に無くなり、間が空いたのでシリーズが無くなったのかと思っていたが、そうでは無かった。

今回の秋のシリーズは、コンコードと言う葡萄がメインらしい。横面。

f:id:F-name:20190822132725j:image

葡萄の他にも色々と果物が入っている。飲んでみたら結構美味。価格は110円。どれほどKAGOMEが利潤を得ているのかは分からないけれど。まあ健康の為には出費を惜しむべきではないのかもだけど。

近代国際法の成立(国際法第1回)

国際法を切り口にして歴史を考えるのは良いかもしれない。歴史の比較をするのも一興。

 

時代や地域により異なる「国際法」がある。制度の一つ。キメラではない。万能薬でもない。国家間の秩序を保つための制度の一つ。過小評価するのも愚かだし。あるべき国際法を構想するのも必要。様々な国際法の存在。ヨーロッパ国家間の近代国際法。
国際法は文明国相互の間で法的効力がある慣習法や条約。近代ヨーロッパでの前提が。ではもっと広い意味では?近代法の大きな特徴は法規範と道徳規範を区別。強制的命令。近代ヨーロッパに特徴。近代国家。法と国家という概念を狭義に限定しなければ。広義の意味の国際法。時代や地域により様々な存在。礼。スィヤル。江戸時代の日本の対外関係。江戸時代は鎖国の時代?200年以上の。対外世界から完全に閉ざされていた訳ではない。特に東アジア。通商の国、オランダと清。と通信の国、朝鮮と琉球。交易を認める。使節を受け入れる。祖先の時代から守られてきた法。18世紀末から。4カ国に限定して新規には関係を持たないという意味。
近代ヨーロッパでの国際法の形成。近代国際法。勢力均衡概念。諸国家体系。在る種の絆によって結び付けられているが、主権を互いに侵害しない。国家群を想定。表裏一体。15世紀末から16世紀初めに。スペイン・フランスイングランド。しかし未だ成熟していなかった。1648年のウエストファリア条約。選帝侯なども含められていたが。勢力均衡概念も明確ではない。1714年のユトレヒト条約。徐々にヨーロッパで拡大。アメリカの独立で北半球に。ヨーロッパ諸国は植民地支配を。通商の自由や戦争の制限。神学者や法学者に問題が突きつけられる。正しい戦争と不正な戦争を区別する正戦論。近代主権国家概念。伝統の上に。グロチウス。「戦争と平和の法」。戦争の法と平和の法。圧倒的に前者に。戦争を論じることで必然的に平和に。紛争の解決手段。防衛回復刑罰などの原因。一旦発生した戦争を制限しようとする。三十年戦争の最中で。当時の多くの人にインパクトを。グロチウス的伝統。今日でも学問的意義は大きい。国王や中間権力からなる多層的な社会。幾つかの学問で巨匠と。脱出劇。本箱を使って。複数存在しているが。1625年に出版、初版本は50冊以上に。法的人格としての国家概念。理論的実践的課題に。近代国際法や近代諸国家体系が確立したのは19世紀。国家間の相互依存関係の増加。主権を有する諸国家の利害の調節を。正戦論に変わって無制限の。私法理論の類推適用を。二元論的。ヨーロッパ国際法、ヨーロッパ公法。実証主義的国際法論。法源は条約と慣習国際法のみ認める。ヘーゲルなどが議論する。成功しているとは言い難いが、根源的な問題に正面から取り組む。
近代ヨーロッパ国際法。適用範囲が世界全体に拡大する過程。本来はヨーロッパ諸国間を。アフリカは植民地の対象に。植民地支配の正当化。先占や併合など。84年から85年にかけてのベルリン条約によるアフリカ分割。アボリジニのオーストラリアは無主物とされた。オーストラリア憲法。人口数の産出から排除された。削除されたのは1967年のこと。他の国際秩序と共存するものとは思われなかった。普遍性と排他的性格。国家承認制度。文明は、明らかに近代ヨーロッパ文明。同時にキリスト教国家。オッペンハイム。非キリスト国家と区別する必要は無くなった。トルコと日本。同様に、非キリスト国家とキリスト国家はかけ離れていると書いている。当時にあっては、ヨーロッパ人に当然。ヨーロッパの圧倒的軍事力の背景。砲艦外交。最も活用されたのが領事裁判権、居留地制度、関税自主権の制限。中国王朝。中心から同心円的に。冊封儀式。中華世界。皇帝の徳の感化。属人主義。属地主義ではない。上国下国。支配服従関係ではなかった。華夷秩序と日本は如何に付き合ったのかは争いが。相克の問題。近代ヨーロッパ国際法の受容に日本は成功した。華夷秩序の支配力の強弱。本当に成功したのか?普遍性に嫌疑。陸羯南。単なる地域法を何故守られなければならないか。福沢諭吉。万国公法は大砲の数門にしかず。軍事力の方が重要。留学生を通して韓国にも伝わる。国際法は道具的な存在。84年の清仏戦争。国際法という規範も道徳も全て忘れてしまった。ヨーロッパの人々は国際法を適用せず。恣意的に。普遍的な適用可能性は?アメリカ大陸は?先住民の存在。孤立主義の立場。モンローが西半球への介入に対し反発。モンロー主義。西半球の独立諸国に押し付けるべきではない。相互不干渉主義。20世紀になっても孤立主義の方針が取られた。国際連盟にも加入していない。専らヨーロッパに対して。1854年の日米和親条約。琉球がどのような国家だったかは興味深い。フィリピン。米西戦争でアメリカ領に。激しい独立運動があったが、02年に植民地に。ハワイも準州もされた。幕末の日本の知識人は、中国語を普通に読むことが出来た。合衆国を含めた西洋世界。
現在の国際法は伝統的国際法が発達して出来た。時代と地域によっては違う国際法があった。

 

国際法 (放送大学教材)

国際法 (放送大学教材)

 

 

修道者の。

宗教的理想を追い求めて生活を営んでいる人間は過去にも現代にも居る。現代の日本ではあまり見ない人種かもしれないが、その事は世界的に特殊であるという認識は持っておいた方が良いのかもしれない。ただ、1つの宗教の教義に従って生活をするということは、他の信仰を持っている人間とぶつかるということでもある。もちろん、大抵の場合は表面に出ない。けれど、理想を追い求めようとすればするほど、他の宗教を無くそうという考えに至ることは多くなるだろう。宗教対立がホットな問題になっている場所は世界の至るところにある。ある意味では現代日本は、対立を表面化させないということで合理的かもしれない。まあガラパゴスとも言えるだろうが。

2回目の映画鑑賞。

今日は茨木イオンシネマで映画「葬式の名人」を鑑賞する。

映画を2回鑑賞するのは「ソラニン」以来。主人公が途中で呆気なく死ぬのと、ストーリーの最後になってヒロインの宮崎あおいがやたらとカッコよくなるのが印象的な映画だった。漫画の原作がある。未読だけど。

ソラニン

ソラニン

 
ソラニン 新装版 (ビッグコミックススペシャル)

ソラニン 新装版 (ビッグコミックススペシャル)

 

「葬式の名人」では前田敦子演じる主人公の渡辺雪子がシングルマザーという設定になっている。金欠らしい。下層階級という点で、私と似通っていて共感出来るような。まあ私は大学でドロップアウトdropoutしていて、子供を育てる必要も無かった訳だけど。

映画の後は1階のフードコートのリンガーハットで食事をする。かなり広々している。

f:id:F-name:20190821135105j:image

f:id:F-name:20190821135117j:image

企業経営と人的資源管理(人的資源管理第1回)

メンタルヘルスの観点から読み直してみると面白いかもしれない。

 

継続事業体の組織で働く人々の管理。営利企業と非営利団体。主として企業を対象に。企業を構成する経営資源。ヒト・モノ・カネ、情報。投入、変換、スループット、産出といった変換過程で付加価値を。環境の関係も考えながら、戦略。組織。環境との間の適合を産み出す。戦略には3つの構成要素。ドメインの定義。事業は何か?ミッションは?定義。顧客の軸。機能軸。技術軸。必要な資源展開の蓄積。関連資源を如何に蓄積するか。蓄積した経営資源を展開する。優位性を保つために。川崎重工業。7つの社内カンパニー。ドメインの切り分けは事業の軸や顧客への価値の軸、技術の軸で。様々な車輌を。航空機メーカーとして。一般消費者へ自家用車などを。顧客や提供価値、技術のドメインが異なる。一つの企業として共通のミッションが必要。グループミッション。グローバルカワサキ。企業固有のミッション、シナジーに繋がる。炭素複合材の車輌の台車。車輌の軽量化に。燃費が良くなる。航空機の複合材料の技術を活かす。スーパーチャージャーのエンジン。高速回転。ヘリコプターのトランスミッション技術が。エネルギーとしての水素にも注目。燃料電池車。水素社会への到来に必要な製品開発を。液化水素運搬やガスタービンなど。インフラを支えるコア技術を蓄積。市場のポジショニング。戦略論。ポーター。市場競争原理。ポジションの選択。産業分析が必要。5つの競争要因。交渉力、顧客の交渉力。業界内の。資源や能力に。資源を基礎とする展開。バーニー。持続的競争優位の。4つの条件。資源が貴重、希少、模倣できない、代替できない。模倣困難性が特に重要。ライバル企業が資源を獲得できない。強いブランドや特許、企業の文化。人々のコミュニケーションや学習のスタイル。ソフトな資源の方が模倣困難。戦略を担う。バーナード。
2人以上の人々の組織。3つの要素。共通の目的。協働的意思。コミュニケーション。3人は働く石切場。大聖堂を建設。協働する意思。道を開けたり。経営陣や管理職が。バーチカルコミュニケーション。水平的なコミュニケーション。スーパーマーケットを展開する小売業でPBを。両者の意思決定の調整。PBの種類ラインは少なかった。棚も狭かった。スペースを開けるには店長の意思決定とコーディネートされなければならない。でないと在庫になるだけ。商品部が拡充しないと販売効率が却って悪化する。商品部長と店長の意思決定に補完性が保たれなければ、コーディネートの必要。商品部長と店長が情報を共有する。水平的。どちらかに権限を集中させる。階層を下に垂直的な。水平的コーディネート。下層部で意思決定がなされる傾向がある。どちらを決定するのかは環境に依存。環境の変化が漸進的、インクリメンタル。水平的コーティネーション。環境の変化が激しい。垂直的に。情報処理能力の問題が在るが。企業は人々の集合体。従業員。人的資源。人々が人間として保有している諸能力。潜在的な職務遂行能力。どの程度発揮させるかは従業員の自由意思で。まだ参加していない人は対等な立場で交渉し決定することが出来る。企業からは独立。自立的人間。バーナード。個人人格。従業員が個人目的動機を合理的に。人的資源の多様化。多様な目的や動機を。労働市場の少子高齢化。長期に経済成長をするためには女性を。女性や高齢者などの。拘束性を受容するには一定の制約が。個人人格は多様化する。産業構造の変化も影響。経済のグローバル化やサービス化。外国人と協働するのが日常的に。外資の。転職市場の発達。女性や外国人、非正規労働者の積極的活用。知識労働においては企業とのパートナーリングが。派遣社員など外部のメンバーと。人的資源管理。多様な人材の協働の水準を高める。組織人格を保有。個人が組織の共通の目的に対し合理的に行動。本来一致はしない、乖離していることが問題点。組織の課題達成に向けて資源を開発。効率的な遂行の為には能力開発が重要。組織をどのように設計するか。コーディネートの重要性。人的資源管理の具体的な。雇用管理。キャリア開発。賃金制度など多様。受け手は全ての対象者。担い手は人事部のスタッフ、管理職、労働組合。評価制度は人事部のみで設計されるのではない。労働組合の存在。雇用者の声も。多様なステークホルダーの調整。管理職による運用。全ての雇用者が関わる活動。共通機能。作業能率促進機能。組織統合機能。組織へのコミットメントを高める。変化適応機能。非正規労働者の。多能工の要請。キャリア開発とも。
実際のマネジメントでは補完性を高めることが。業績を左右する諸変数の変化に。協力を重視する人事考課。ウエイトを高める。構成する諸活動、戦略、組織、人的資源、人的資源管理の。人的資源管理論。現実の生成と進化の過程。18世紀半ばのイギリスの産業革命。20世紀にかけての第二次産業革命。アメリカでは管理手法への関心。テイラー。科学的管理法。課業タスクの設定、生産力を高める。20年代に。ベルトコンベアによる大量生産。多数の半熟練労働者。単調な反復作業なのでモラールの低下が。強大化により一体感の欠如が。労働者の抵抗の増大。労働組合の増大経営への不安定性。人的資源管理の重要性が。労使パートナーシップの形成が。学問としての労使関係論が生成。集団的側面を。立場の結合で解決を。雇用に関する規則。労働組合の影響力の衰退が。パラダイムの転換。対立する両者の調整から、強調する労使の利害関係を統合する人的資源管理論へ。コストや生産要素としてから、競争力の源泉へと。行動科学の発達と成果の取り込み。学際的研究として面白く。戦略。組織。人的資源。人的資源管理の補完性を。日米のプロトタイプを。
日本型人的資源管理。高い知的熟練、内部育成。人事慣行の束が如何に経営パフォーマンスに繋げるか。

 

人的資源管理 (放送大学大学院教材)

人的資源管理 (放送大学大学院教材)

 

 

無気力。

大学時代の私の友人に、勉学に無気力になった人間が居た。他の事は何とか出来ている。学部の常として試験前に辻褄を合わせて単位を取得する人間は多かったけれど、彼はそれも上手くいかなかった。スチューデントアパシーというか退却神経症というか、そんな状態に^_^迷い込んでしまったようだ。学内のカウンセラーにも通い、私も書籍を紐解いてみたが、特効薬は見出せない。私の事情で関係が途切れてしまったので、彼が今どうしているかは分からないけれど。ただ、当時は無気力に陥る大学生は結構居たように思う。現在の状況は良く分からないが。

広島の土砂災害から5年に。

広島の土砂災害から5年になる。その頃はポリテクセンターの食堂で弁当を食べながらNHKのニュースを見ることが多かったのだが、被害の大きさに箸を持つ手が止まったのを覚えている。日本の国土の特徴には山地が多いことが言われている。そして山際に住宅が多いことも。5年前には済む場所が問題だと言う意見が識者から出た。けれど、日本には住宅地に適当な場所は少ない。社会インフラや工場など他の用途との取り合いにもなる。災害対策にも限界はあるので、早期に避難することが重要になる。最近は大雨が多いので尚更だろう。