F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

人の発達における生涯発達、獲得と喪失、遺伝と環境の役割を探究し、バルテスの理論を基にダイナミックな発達プロセスを解説。#人の発達 #生涯発達 #遺伝と環境 #発達心理学(発達心理学特論第1回)♯放送大学講義録

-----講義録始め-----

 

今回は第1回目として、「人の発達とは」についてお話しします。本日取り上げるテーマは以下の3つです。まず、「発達とは何か」ということについて、発達的変化をどのように見るかについて話します。

第二に、「獲得と喪失」という視点で、人の発達は成長と衰退が混在するダイナミックなシステムとして捉えられます。エイジングに伴い、できなくなることもある一方で、補償的あるいは代替的なメカニズムが発達すると考えられます。例えば、年を取ると忘れやすくなり新しいことを覚えにくくなるものの、経験から得た知恵を活用して忘れない工夫をするなどが可能です。このような発達の両義性に焦点を当てたのは、1980年代にPaul Baltesによってなされた研究で、生涯発達の視点に大きな影響を与えました。

第三に、「遺伝と環境」という視点では、遺伝や環境が発達にどのような影響を与えるかが考察されます。遺伝と環境の影響は、発達の時期によって変わります。例えば、発達の初期には生物学的な影響が強く、高齢になると再び年齢に伴う変化の影響を受けやすくなります。一方、中期には、生きている時代や文化の影響を大きく受けるようになります。現代では、電子機器の普及によって私たちの生活に大きな変化がもたらされています。個々人の非標準的な影響もあり、例えば綺麗好きな人は年齢と共にその傾向が強まることがあります。

人の発達は、時間軸に沿った変化と各発達領域での変化の2つの方向から捉えることができます。生涯にわたる発達は、幼年期から老年期までの時間軸の変化と、各時期に見られる特有の発達の領域の変化からなります。

 

 

 

「人の発達とは」を探る講演、発達心理学と生涯発達理論を基に、発達的変化と人生段階を熊野巡礼路絵から解説。#人の発達 #発達心理学 #生涯発達理論(発達心理学特論第1回)♯放送大学講義録

-----講義録始め-----

 

今回は第1回目として、「人の発達とは何か」というテーマでお話しします。本日取り上げるテーマは以下の3つです。まず、発達とは何か、ということについて、発達的変化をどのように捉えるかをお話しします。二つ目は、生涯発達について、様々な理論家が発達をどのように捉えるかについての理論を構築していますので、その理論について整理したいと思います。三つ目は、発達を捉える方法について、発達心理学の中で、発達をどのように捉えていくのか、その方法についてお話ししたいと思います。

人が発達するとはどういうことでしょうか。少なくとも私たちは、人が年齢に伴って何らかの変化を遂げていくと考えています。その変化はどのようなものでしょうか。この絵をご覧ください。

これは、熊野の巡礼路を歩く女性宗教者、クノイチが持ち歩き、説明を加えたものとされています。室町時代から江戸時代にかけてのものとされ、絵には人生の段階が描かれています。右下には、子供の誕生から始まり、徐々に成長し、大人になり、老後を迎え、最終的には死に至るプロセスが描かれています。

この絵の坂は人生の象徴であり、周囲の木々は時間の変化を示しています。人が亡くなった後、その魂がどのような運命をたどるか、天に昇るか、または地獄へ落ちるかは、生前の行いによって決まるというメッセージが込められています。これは、生きている間にどのように生きるべきか、どのような心構えでいるべきかを説くものです。死後の世界は宗教の領域に属しますが、生きている間の人の変化を階段の上り下りに例えるこのイメージは、多くの地域文化で見られる、私たちの共通のイメージと言えるでしょう。

 

 

 

 

化学反応の基本を探究し、分子の酸素親和性の実験を通じて、反応の方向性とエネルギー変化を理解。#化学反応 #酸素親和性 #たたら製鉄 #実験(分子の変化からみた世界第1回)#放送大学講義録

-----講義録始め-----

 

はい。残りの時間で、化学反応を扱うための基本的なアイディアを紹介したいと思います。次の内容をご覧ください。

基本的な考え方は、特定のタイプの反応を分子内での全体的なやり取りと見なすことです。このように考えると、反応が起こるかどうかは、そのやり取りによるエネルギーの変化で決まります。

このエネルギー変化は、どの反応経路を好むかということに関係します。

ラヴォアジエは、燃焼と還元を酸素原子の化合と脱離として理解できると示しました。この理解に基づき、酸素原子に対する炭素と鉄の親和性を比較することで、反応の方向性が決まります。この反応は、鉄から酸化鉄(Fe3O4)が生成する反応と、炭素から二酸化炭素が生成する反応の組み合わせで表現できます。

これを理解すると、酸素が二酸化炭素から提供される場合、二酸化炭素の生成反応を逆にして酸化鉄の生成反応に加えることで、全体の反応式が導き出されます。これにより、酸素との結びつきが鉄の方が強い場合は反応が右側に進み、炭素の方が強い場合は左側に進みます。

実際には、この反応は高温で左側に進み、鉄を製造する過程で利用されます。これは、日本のたたら製鉄の原理にも関連しています。

さらに、酸素原子との親和性に関する実験を行います。酸化アルミニウムと鉄の粉、そして酸化鉄とアルミの粉をそれぞれ混ぜ、火をつけてどちらの反応が起きるかを観察します。

実験では、酸化鉄とアルミの混合物が反応し、これはアルミが酸素と強く結びつくことを示します。この実験は、酸素との結合の強さを視覚的に確認する良い例となります。

この実験を通じて、化学反応の理解が深まり、実際の反応を見ることの興奮を感じることができます。

 

 

 

炭素骨格が生み出す分子多様性とその化学反応の探求。分岐、多重結合が様々な形で活躍する分子の例と周期表の役割に焦点。#炭素骨格 #分子多様性 #化学反応(分子の変化からみた世界第1回)#放送大学講義録

------講義録始め-----

 

炭素骨格を持つ分子の多様性について話し合うと、分岐を考えただけでも、また感覚的な局所構造や多重結合を許容することにより、様々な分子が生まれることがわかります。

次に、いくつかの分子例を見ていただきたいのですが、これらは覚える必要はありません。ただ、これらの分子が様々な形で活躍していることを認識してください。例えば、バラやジャスミンの香りを生む分子、メントールの清涼感を与える成分、ニンジンにオレンジ色を与えるベータカロテン、そしてタキソールは抗がん剤として使用されます。

周期表と原子の枠組みを通じて、いかに多様な分子が許されるかが明らかになります。この多様な物質の世界を森に例えると、様々な状況で安定に存在できることが理解できます。

しかし、分子がどのように変化し、化学反応が起こるかについては、まだ触れていません。例えば、メタンの燃焼反応は、メタンと酸素から二酸化炭素と水が生成される安定な反応ですが、これだけでは、分子の変化の全体像は掴めません。

したがって、分子の変化や化学反応がどのように起こるかについても、理解を深める必要があります。これは、化学を学ぶ上で非常に重要な側面の一つです。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

炭素ネットワークが生命分子と有機化合物の多様性を生み出し、原子価が形成可能な構造の種類を指数関数的に増加させる。#炭素ネットワーク #生命分子 #有機化合物(分子の変化からみた世界第1回)#放送大学講義録

------講義録始め-----

 

実際、炭素のネットワークは生命分子の多様性の源です。

まず、紹介した三つの分子を例に取ると、2つの炭素に結びついた水素原子の空間配置が異なります。この配置は、エチレンでは平面的な二次元構造を、エタンではより複雑な三次元構造を示します。

このような多重結合の種類が、局所的な空間配置に多様性をもたらします。

さらに、炭素の原子価が4であることは、直鎖状の炭素原子のネットワークだけでなく、途中で分岐したり環を形成したりする構造も可能にします。もし炭素の原子価が2だった場合、直線か単一のループしか作れず、2重結合を形成するとそれ以上の結合ができなくなります。

分子式CnH2n+2により表される炭化水素の種類を考えると、n(炭素数)が1の場合はメタン(CH4)のみが存在し、nが2の場合はエタン(C2H6)のみが存在します。しかし、nが増えるにつれ、可能な分子の種類が増加します。nが5の場合は、直鎖状のペンタンを含む3種類の異なる構造が存在します。

さらに、炭素数が10の場合は775種類、20の場合は約35万種類、30の場合は41億以上の異なる炭化水素が存在することが可能です。この驚異的な数の多様性は、炭素のネットワークとその原子価に基づく構造の組み合わせに由来します。

炭素原子だけからなるダイヤモンドの例は、これらのミクロの構造がマクロな物性、例えば硬さにどのように影響するかを示しています。

 

 

 

炭素ネットワークの多様性が生命分子の複雑さを生み出し、有機化合物の分子構造に無限の可能性を提供。#炭素ネットワーク #生命分子 #有機化合物(分子の変化からみた世界第1回)#放送大学講義録

-----講義録始め------

 

炭素のネットワークが生命分子の多様性の根源であることを見てきました。炭素原子のユニークな空間配置は、一次元から三次元に及ぶ多様な構造を生み出します。例えば、エチレンは平面的な二次元構造を持ち、エタンはより複雑な三次元構造を示します。

炭素の原子価が4であることは、炭素原子が直鎖状のネットワークを形成し、分岐や環状構造を取り得る理由です。これにより、炭化水素の分子は多様な形状を取ることができます。炭素数が増えるにつれて、異なる構造の可能性も増大します。特に、炭素数が5の場合、異なる分岐のパターンを持つ3種類のペンタンが存在します。

このような分子の多様性は、生命にとって必要不可欠な複雑さを提供します。炭素のネットワークに基づくこの多様性は、有機化合物の研究を非常に魅力的かつ重要なものにしています。

 

 

 

有機化合物の解説:CHONP元素、共有結合、原子価の概念とその応用。周期表と化学結合の理解。#有機化合物 #共有結合 #原子価 #周期表(分子の変化からみた世界第1回)#放送大学講義録

-----講義録始め------

 

これまで無機化合物について見てきましたが、次には有機化合物について考えてみましょう。有機化合物は元来、生物由来の物質を指し、主に炭素(C)、水素(H)、酸素(O)、窒素(N)、リン(P)、硫黄(S)から成り立っています。

例えば、生命活動に必須のタンパク質、糖質、脂質は全て有機化合物です。これらは食べ物として摂取されるだけでなく、私たちの体そのものも有機化合物の集合体と言えます。

有機化合物では、元素同士が共有結合を形成して安定化します。これは、元素間で電子を平等に共有することで達成されます。原子価(原子化)の概念は、この共有結合を形成する際の元素ごとの結合可能数を示し、化学結合を理解する上で有用です。

例として、メタン(CH4)、アンモニア(NH3)、水(H2O)があり、それぞれの原子価は炭素が4、窒素が3、酸素が2となります。この概念を応用することで、リンや硫黄の原子価も周期表を参照することで理解できます。

しかし、水素を例に取ると、イオン化を考慮しても共有結合の性質を完全には説明できません。特に、メタンのような安定した分子をイオンとして考えると説明がつかない場面があります。この点で、原子価のルールが非常に強力な説明力を持つことがわかります。

このように、有機化合物の世界では、原子価という概念が化学結合を理解する鍵となり、さまざまな安定な分子の性質を説明できる強力なツールです。