F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

今の腰痛と2年前の顛末。

2日ほど前から腰が痛む。2年前の1月も腰を痛めて会社を休んだことがあった。 最初は食生活を疑っていたらしい。まあファストフードがあまり身体に良くないのは確からしいが。 動けないので姉に連絡して車で病院に行ったことを思い出す。日頃から前を通りがか…

高齢者を地域で支える -新しいステークホルダー(高齢期の生活変動と社会的方策第14回)

NPOなどは継続できるかどうかが課題になっていくと感じる。 山本美香。地域福祉の新しい担い手。高齢者を地域で支える。支援型団体。近年大きな力を。NPO。非営利活動組織。98年に法律が制定。法人格を持つ団体も。ボランティアの一種だが。メリットも大きい…

精神。

日本は精神主義が強いと言われることがある。心構えが重要なのは古今東西に限らないと思う。それにevidenceがある研究成果も見たことはない。何故に精神主義が蔓延っていると言われる理由は、大東亜戦争(呼称は人の思想により違うが)を大和魂で戦うことにな…

世界環境デーと弊店。

今日は世界環境デー。日本では環境の日とも言われる。72年のストックホルムでの会議がきっかけで出来た記念日。私の幼少期になるが、高度経済成長の負の遺産としては大気汚染などの公害が酷く、克服するのは無理だとの議論が大真面目に交わされていたのを記…

精神科治療(2)(精神医学特論第14回)

Interviewが示唆に富んだ。 石丸昌彦。精神療法。言葉を介して精神に働きかける。サイコセラピー。心理療法。広く大きな意味で。そもそも言葉を媒体として関係を作る。励ます忠告する相談にのるという営みが。高度に分化した精神療法にも。精神分析療法と行…

のぞみ。

東海道山陽新幹線に「ひかり」「こだま」に続く特急名を考えるには色々と経緯があったようだ。戦後に東海道本線の修学旅行専用列車に「きぼう」という名称が用いられていたのを記憶している(恐らく乗車したのだろう)関係者が多く、漢語を和語にしたとされる…

六四天安門事件から31年。

今日は六四天安門事件から31年目にあたる。相変わらず中国政府は事件を白日に晒すことをしていない。そして風化させようとしている。31年前はソ連のペレストロイカやポーランドの連帯など社会主義国の改革が進行しており、天安門広場に集まった学生たちもそ…

死(心理カウンセリング序説第14回)

そもそもカウンセリングというものに科学性を求めるのは間違っているのかもしれない。 森さち子。大場登。死の臨床。喪の仕事。死についての検討。死ぬことの絶対的事実。フロイト。重さは人間存在そのもの。エロスというのは様々な神話の冒頭に。死が神話に…

期待。

「期待の新人」というフレーズが日本では良く用いられる。類似表現としては、「期待の新星」「期待のホープ」などがある。マスコミはこれまで取り上げられていない素材を追い求めている。単に人物を取り上げただけでは、知っている読者には注目してもらえな…

見知らぬ作業員の横行。

いつも通うコンビニにeat-inのspaceが復活したので、昼休みはそこで暮らしている。blogを書いていると、黄緑の作業着を着用した方々数人が「トイレ使いまーす」と大声を上げて入ってきた。入口の側にレジがあるのにも関わらず店員さんには何も許可を求めずに…

生活経済と環境(生活経済学第14回)

価値観を変えるのは容易でないかもしれないが、将来に亘り生活を継続していくには欠かせない。 重川純子。環境問題。環境政策や制度。持続可能な生活。自然の循環と人の生活との関わり。自然を基盤に。自然界の様々な資源を採取して様々な活動に利用。かつて…

スパイ行為。

恐らく日本人に一番馴染みが深いスパイはリヒャルト・ゾルゲ氏ではないかと。ソビエト連邦は日本と朝鮮半島や満州地域などを巡り勢力圏争いを繰り広げていた。いわゆる帝国主義国家間のそれである。恐れていたのは日本陸軍が戦争を仕掛けることであった。日…

針を動かす妖精さん。

今日は早起きしたが、家事やnet checkをしていると眠くなりBGMを聴きながら二度寝する。起き上がると7時40分。少しは疲労が取れたかなと思いiPhoneを見ると、何だか違和感を覚える。良く見ると画面最上部の中央の時刻が7時30分になっている。下にiPhoneの画…

心から状況へ -認知行動的アプローチ(臨床心理面接特論(1)第14回)

力動的心理療法と行動療法的アプローチ、双方のアプローチについては理解しておいた方が良いかもしれない。 大山泰宏。心の変容を目指す。1つの特徴。人間の心や精神の存在を前提として。力動的心理療法。行動や考えや感情など。クライアントの葛藤やコンプ…

希望。

東京都知事の小池百合子氏は17年9月に政権奪取を目指して「希望の党」を立ち上げた。驚いたのは野党第一党の民進党の前原誠司代表が、自らの党を解散して合流したことである。この時点でどのマスコミも自民公明の連立政権が崩壊すると書き立てた。ところが小…

元の木阿弥?の阪急電車。

緊急事態宣言が解除されてから暫く経過。徐々に街の様子も元に戻りつつある。朝に阪急電車に乗ると、大昔(大袈裟かもしれないがコロナ渦は長かった)と同じくらい混んでいる。いわゆる流行語で言うと密である。マスクは着用しているが、感染防止に効果はある…

武力行使の規制と国際安全保障(国際法第14回)

極めてきな臭い分野の話。まあ自衛隊が外国へ出ている現状を考えれば、国際法がどうなっているのかは理解すべき。そもそも国内のアクターが正確に把握しているかは怪しいし。 柳原正治。伝統的国際法の元でと違い、武力不行使原則。集団安全保障は理念通りに…

エピクロス主義。

哲学者エピクロスやその弟子たちの思想信条のこと、とするのが第一義的な意味である。ところが「エピクロス主義」というのは別の意味で使われていることが多い。一般には享楽主義の意味で用いられる。しかしそもそもエピクロスは享楽主義に走っているわけで…

NHK日曜討論(2020年5月31日)

以前にも書き起こしをしたNHK日曜討論を今日も試してみる。出演者のテロップは頻繁に出されているので助かる。Twitterも見つけたので便利。 けさの討論。出演は、経済再生担当大臣・西村康稔さん、東北医科薬科大学特任教授・賀来満夫さん、豊中市社会福祉協…

ネットワーク社会と不確実性 -産業社会の第3段階「信頼」(1)-(経済社会を考える第13回)

現代に近づいてきた。かなり前からの課題のようにも思えるけれど。 ビジネスという特徴。今回は産業社会の第3段階。変化のポイント。3つの。大規模化という傾向に限界が出てくる。不確実性。典型例として企業の組織規模。オルソンのパラドクス問題。人間関係…

地獄。

平成後期から格段に忙しい仕事になったのは教員のそれであろう。残業地獄などとも言われる。子供と絡む話なので、ある程度の非常の対応はしなければならないのは理解できる。しかし部活など作業量が多くなったのは確かなことである。更に平成時代は改革が叫…

不調に陥らないための特効策。

4月からの傾向からか、仕事中に疲れが出るようになった。眠気などが出ると効率が上がらないので、意図的に休みを挟みながら勤務をしているのだが、なかなか捗らない。どうも睡眠時間が足りないのではないかと気づき、22時就寝を21時就寝に変えることにしてみ…

快眠への対処(1)(睡眠と健康第13回)

快眠の為に出来ることはしないといけないと痛感する。 運動、入浴、昼寝、寝る前の習慣、香り。運動と睡眠。徐波睡眠が多い。寝付きも良くなる。気分が爽快に。ストレス解消に。ポジティブに。劇的に改善するほどではない。徐波睡眠は数分程度。運動が逆に睡…

エネルギー。

日々の生活を送るのにはエネルギーが必要なのは小学生でも知っていることだろう(物理学的に定義されてそちらの方が重要かもしれないが)。産業革命と化石エネルギーの開発は相互依存の関係にある。石炭から始まり石油がエネルギーのメインになる。日本は石…

150メートルの駆け上がり。

東京タワーが復活して上に上がれるようになったそうだ(というかタワー自体はあるが客扱いはしていなかった)。私は行ったことは無いが近くまで企業研修で来たことがある。流石に通天閣より高いなあと感じたことを覚えている(通天閣は100メートルほど)。東京…

心理療法5:遊戯療法(心理臨床の基礎第13回)

私は子供と接するのには向いていないかもしれないと感じる。ううみゅ。 小林真理子。トラウマからの回復。遊戯療法について。歴史的展開や枠組み。セラピストの役割。経過。親面接の役割、遊戯療法の多様化。言語能力が充分ではない遊びを媒体とした。表現媒…

激情。

商業施設で警備員をしていると、入居されているテナントさんから色々な連絡を貰い現場に駆け付けることが時々ある。お客様絡みのことも。ある日に連絡を受けて急行すると、中年男性と思しきお客様が店員さんを相手に泣き喚いている。話を聞くと、期待してい…

夜中の家族の容態の急変。

昨日の晩の23時半に自宅の固定電話が鳴る。起きて受話器を取れば、入院中の家族の容態が急変しているとのこと。姉や甥らの家族と合流して病院に。心臓カテーテルの検査をするのだが、数%の割合で亡くなる可能性があると告げられる。30分ほど待っていると検査…

対話システム(自然言語処理第13回)

SIRIの仕組みを研究するのは面白いかもしれない。 発話の意味、質問に対する応答。音声対話システム。人と自由に知的に対話するロボット。HAL。対話システムの歴史。初期の代表的な。ELISA。カウンセリングの状況を。非常に簡単なルール。ルール文を用いて対…

熱狂。

熱狂と言えば、関西圏に住む人間としてはTigersを取り上げない訳にはいかない。タイガースと言っても沢田研二が居たグループのことではない。私は85年に高校2年生だった(歳がバレるが)。通常のTigersは5月になれば息切れして優勝前線から脱落するのだが、こ…