F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

早朝の京都駅付近のウォッチングWatch。

未明に目覚めてしまい眠りに戻れない。今日の朝5時に予約投稿した通りのことが起きている。幸い今日は職場が休み(と言っても以前のように休館日などというのは無くなったが)なので、京都駅付近のクリニックclinicに通うことにする。 待ち時間をファミマFamil…

家族と親子関係(リスク社会のライフデザイン第8回)

実の親子関係に囚われる必要はないという考えはもっと定着すべきであると思う。 米村千代。岩上教授。家族と親子関係。少子高齢化で親子関係の長期化。自立期や高齢期の。親子関係の変容を受け入れつつ、リスク社会への対応を。家族社会学。家制度や世代間関…

眠り。

人間(要するにHomo sapiens)というのは、年輪を重ねるにつれ睡眠時間は短くなるらしい。赤ん坊の頃は眠っている時間の方が長く、子供の頃も睡眠時間は長い(最近は短い子供もいるけど大丈夫だろうか)。成人になると短くても何とかなるが、折り返し時点を過ぎ…

青空と稲刈り後の田んぼ。

今日の朝は空模様が怪しく布団は干せなかったが、昼になると晴天に。珍しく隣の町に行ったので、青空と田んぼのtwo-shotを。 田畑は久し振りに見る。既に稲刈りは済んでしまった。私は小中学校と田んぼの中の学校に通い、畦道を延々と歩いて通った。自転車が…

刑事政策と福祉的実践(福祉政策の課題第13回)

今回は女性がメインだったけれど、出所後の男性の問題も同様に深刻ではと考える。 深谷裕。刑事政策と福祉的実践。罪を犯した人の社会復帰。罪を犯した女性の社会復帰支援。女性受刑者の概要。入所受刑者の女性の割合は9.8%、2000人程度。年々増加傾向。特に…

連帯性。

たまに「保証人になって欲しい。絶対に迷惑はかけないから。友達と見込んで頼む。」などと話を持ち掛けられることがある。その知人は形式的なものだから、と付け加え保証の承諾を求めるのが通常である。保証人なのだから本人が支払えない時だけ払えば良いの…

月曜販売の新刊雑誌がある怪。

今日にコンビニに入り雑誌コーナーを見て奇異に感じた方は多いかも。「少年ジャンプ」やら「ヤングマガジン」やら「プレイボーイ」やら「AERA」やら、通常は月曜販売の雑誌が土曜にもかかわらず置かれているのだから。種を明かすと、明後日の月曜は取次(書籍…

ヨーロッパによる植民地化(1) -ヨーロッパ人の征服とアフリカ人の対応-(アフリカ世界の歴史と文化第11回)

資本主義の発達というものはきちんと踏まえる必要がある。そもそも中世ではEuropaもAfricaも大差は無かったのだろうから。 Europaによる植民地化。ヨーロッパ人の征服とアフリカ人の対応。20世紀始めまで。急激に植民地化が進む。朗読。植民地支配とアフリカ…

社会。

一口に社会学と言っても多種多彩である。法学部には法社会学という講座があることが多い。日本における法社会学の教授としては東京大学の川島武宜先生が最も著名であろう。私は「ある法学者の軌跡」という自伝的な書物を読んだことがあるが、法解釈学の研究…

「大阪都構想」への疑問点。

写真で始まってしまい恐縮だが、大阪都構想についての街頭宣伝が自宅近くの駅前で行われた。ついでにと言えば良いのか、書籍も売られていた。衝動買いをする。 大阪都構想2.0 副首都から国を変える (単行本) 作者:松浪ケンタ 発売日: 2020/09/01 メディア: …

刑事政策と福祉政策(福祉政策の課題第12回)

「家栽の人」という漫画を思い出した。高齢化に関わる問題が多くなってきているので少年事件に対する資源は少なくなりがちなのかもしれない。 刑事政策と福祉政策。罪を犯した人の福祉政策。少年事件とその対応。13年にInterview。弁護士活動の実際など。弁…

社会主義。

「socialism」の訳語。「social」が「社会」の意味であるのは中学生の学習範囲であろうが、「socialism」になると一気に左翼色が鮮明に。一般に「資本主義」の対概念であるとされるが、「資本主義」を採用している国に「社会」が無いとは言えない。高校生の…

晴天の一日と政治ネタの劇画を。

今日は職場は休みだったが、何だかんだと動き回る一日だった。ただ布団や毛布を干すことが出来たのは収穫であった。晴天だったので動きやすい。暑くはなく寒くもなく。如何にも秋という感覚が嬉しい。直ぐに冬は来るだろうけど。 自宅では読書を。と言っても…

カウンセリングのプロセス(心理カウンセリング序説第8回)

自分で自分のカウンセリングが出来ればとは思うが、セラピストに同行してもらう方が効果があるのだろう。まあ先立つ物が必要だけど。 大場登。カウンセリングのプロセス。プロセスの自律性。二律背反。器、レトルトについて。カウンセリングの器。関わり。カ…

真摯。

2日前に私は「真面目さ」について書いた。 記事にも書いたが、太平洋戦争の際には殆どの日本国民(それと日本国民で無くても日本の側についた人たち)は真面目に戦争に打ち勝とうとした。それについては一定の評価をするべきかもしれない。しかし、結果から…

ラジオ体操の栄枯盛衰。

昨日の朝に弊店で開店前の準備をしていると、いつものオリジナルソングoriginal song(また機会があれば書く)に代わり、ラジオ体操第一(一応は第二もあるのだが最近は聞かない)が流れてきた。普通は体操をしないとならないのだが、小売業の中で開店前にそんな…

睡眠と環境(睡眠と健康第8回)

寝室の環境については気をつけた方が良いかも。今は何とか眠れているけれど。 林光緒。睡眠と環境。夜眠りやすくなる工夫は?寝具にお金をかける?生活習慣を見直すだけでも改善が。寝室環境も大きな影響を。温度や湿度などの睡眠への影響。蒸し暑い夏の夜。…

卑屈。

これまでの人生で、卑屈な想いをしたことはかなり少ない。学生時代までは基本的に能天気だったし、職場で下のカーストに落ちた時にも、自分の職務に集中していたのであまり気にしてなかった。ただ、職業訓練でCADや旋盤の扱いを習った時には、落ちこぼれて卑…

寒暖の差のジェットコースター。

10月も中旬に突入。まあ秋らしい天候ではある。けれど日々の寒暖の差が激しいように感じる。1週間前は11月のように寒くなり、布団を沢山かけて震えるように眠っていた(ここで西野カナを連想する私は古い人間であろう)。それで中旬になるとやたらと暑い。もち…

東南アジアの特徴(東南アジアの歴史第1回)

確かに一括には出来ない地域だと感じる。まあ大東亜戦争の時代の日本が何処までそれに自覚的だったのかは分からないけれど。 東南アジアという地域の特徴。日本から直行便で首都までの所要時間。マニラまでが4時間45分。ハノイの5時間30分。一番遠いジャカル…

真面目さ。

「竹槍三百万本論」と後世に呼ばれることになった主張が、戦前戦中(今更だが「太平洋戦争」のこと)の日本本土(しかし本土でない地域はどうでも良いのかと非難されるかも)の防衛について為された。調べた限りでは、当初は兵備を揃える金がないなら国民の結束…

3回目の健康の御託宣を。

今日の午前は勤務を抜けて健康診断に。今年で3回目のところなので道順は覚えている。 職場から一駅JRに乗る。 たまにしか富田(なお「とんだ」と呼ぶ)に行かないので新鮮。案内板を。 受付に行くと少し順番待ちを。今年は座席がやたら離れている。 問診を待っ…

意思決定支援(健康への力の探究第9回)

医療の世界のことは把握できていないなあと感じる。何時大病になるか分からないのだから把握することは必要。 中山和弘。意思決定支援。健康のためのより良い意思決定を支援。幾つかの方法。医療者に決めてもらうパターナリズムが減ってきている。シェアード…

感情。

「感情ヒューリスティック」という人間のバイアスがある。人間は意思決定の際に合理性や認知などより、自分が持つ感情を優先させてしまう傾向のことである。エラく形式張った話のように書いた。研究結果はそのような単語で書かれているから。しかし会社員た…

映画「阪急電車」を9年振りに。

今日は昼に関西テレビ(俗に言うカンテレ)で、映画「阪急電車」が放映され鑑賞する。有川浩(今は「ありかわひろ」名義で活動されている)先生のげんさくである。 阪急電車 片道15分の奇跡 発売日: 2014/04/01 メディア: Prime Video 阪急電車 (幻冬舎文庫) …

イントロダクション(アフリカ世界の歴史と文化第1回)

差し当たりAfricaと一律に扱うのは愚かだと感じた。まあEgyptと南アフリカ共和国を一緒に考える人間は普通は居ないと思うが、一応は大陸が同じなのであり得るかもしれない。 草光俊雄。北川勝彦。アフリカ世界の歴史と文化。全体の狙い。アフリカのイメージ…

懐疑主義。

私はカール・セーガン氏の「悪霊にさいなまれる世界」という上下巻のハヤカワ文庫を読んだことがある。 悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者:カール セーガン 発売日: 2009/07/05 メディ…

legacyを無視する輩。

今日は10月10日。私はどちらかと言うと古い人間(まあ半世紀になるから)なので、つい「体育の日」を想起してしまう。今は別の日になり(たまたま10月10日になることはあるだろうけど)、名称も変わった。しかし把握はしていない。単に(世間一般に)休みだな、と…

NPO(非営利組織とは)(NPOマネジメント第1回)

NPO団体などの現在の状況を把握するためにも歴史の知識は欠かせないかも。 河合明宣。NPO法。市民が行う自由な社会貢献活動。ボランティア活動を市民が行う。NPO法とボランティアの関係。ボランティアの内容。自発性。自らの意志。貢献性。無償性。ボランテ…

多血質(の人)。

ヒポクラテスなどは身体の体液の割合で人間の気質が決められると考えた。体液病理学という考え方がベースになっている。血液が優勢になっている理由での気質を多血質と呼んだ。活動的だが感情の変化が激しい人間のことが多血質の人とされた。ルネサンスRenai…