F-nameのブログ

はてなダイアリーから移行し、更に独自ドメイン化しました。

オオヤケから「公共」へ(政治学へのいざない第7回)

実は江戸時代の政治思想にも、西洋近代政治思想の種は育まれていたのかもしれない。丸山眞男を読んでみても良いかも。

 

都市空間と政治との関わり。前近代の日本の伝統思想では?西洋由来のpublic。前近代から近代への秩序意識の変容。公共心や公共性。そう発言される際に、どのような状況なのかは曖昧で良くわからないことも。共通了解が不明なママ。伝統的な都市空間の在り方。日本的なオオヤケから西洋のpublicへと。69年の新宿のエネルギー。江戸時代の昔から同じ。時代劇で見るような江戸の街と、20世紀の東京が同じ、とは?目覚ましい拡大は江戸でも起きていた。規模は異なるが、徳川時代は江戸が拡大を続けた時代。都市問題も深刻に認識されるように。荻生徂徠。「清談」。江戸と田舎の境界は?家続きに。徳川吉宗に。周辺から都市へと流入するのを取り締まれなかった。境界地帯に家を作り、江戸が膨張する。千住から品川へと。激しい拡大ぶり。当時の大きな歴史の動向。太平のもとで急速な発展。公儀は江戸に済むことを命じたので屋敷が出来、町中での生活が。消費生活を賄うために商人が。商業経済の発達で人口が増大。世界有数の大都会に。周辺に大名屋敷、その周辺に商人や職人。右回りの渦巻きに堀が。5つの街道が放射状に、街の拡大が。西洋では中心部に広場が。古代ギリシアのポリスやローマには公共の空間は理念のみではなく、市民の全てが集会場に集まり議論する直接参加の形で。ローマでも全員参加の民会の場に。政治の語は市民共同体としてのポリスに由来。市民たちの討論の経験が。都市の外側で生産活動を。外壁に対する防衛などの共通の問題については議論しながら決める。publicやprivateは厳密に分けられる。公私二分法。全員の生活に関わる事柄につき決定。公共の営みが政治。公共の決定は私的な領域には介入出来ない。市民が私的な利害関係を公共に盛り込むのは公私混同とされる。領域の厳密な区別。ポリティクスの。江戸。町人たちが集う広場でなく、中心は江戸城。従属して大名屋敷や町人の家が。小さな通りが錯綜している。江戸城に済む公方が一方的に規制する。支配される人の側から見通すのは困難だった。公方を頂点とする支配秩序とパラレル。支配構造を支えていた論理と儒学の論理を区別する必要がある。両者はどちらも封建的な秩序思想とされて批判された。違いをリアルに認識して違いを論じたことが近代化を準備した。きちんと理解すべき。荻生徂徠は経済の活発化が都市を曖昧にしていると批判。秩序の曖昧さに。処方箋。国を統治するにはマス目の中に位置づけ移動させない。マス目をきちんとつける。禹王。完璧な徳を持った聖人。碁盤の目のように秩序を。制度として提案したのは戸籍制度と空間の移動の管理を。人々の交通を監視して社会の流動化を封じ込める。上からの操作統制。平等な共同体とは対照的。儒学の思想。常に現実の支配を正当化する、だけではない。重大な理解の誤り。儒学思想にとっても勝手に統治するのは厳しい批判を。democracyのように主体を論じることはないが、天からの命令、天命に従って統治しうる。私利私欲では天命に反する。天地とも言いかえられる。大自然や大宇宙の意味。様々な生物が生まれる営み。意図をもって人間の運命を支配。天の役割の代行としての統治者。人々への配慮を。儒学は禹王を初めとする理想の統治。模範とする。聖人たちは自らの行動が天命に則っているか自己点検を実行し続けた。総じて天より仰せつかったもの。神。最高権力者である徳川公方のこと。天からの指示を受ける将軍。統治の営みは私事でなく厳しい義務意識を。徳川時代の秩序の現実。荻生徂徠と同じではない。中国朝鮮琉球ベトナムでは試験制度が。儒者は概して民間の存在。天下のオオヤケの筋と私事とを区別する考えを受け入れたかは疑わしい。徂徠の思想も。
前近代の日本におけるオオヤケの概念。公、に対応。西洋のpublicの翻訳概念として。意味の重なるところが多いので交換可能とみなされた。しかし三者で意味が異なる点も。三者の意味が混在している場合も多い。日本語のオオヤケ。大きい家を元来は意味。秩序のイメージは小さい家が大きい家に包括され、何十にも。私領。将軍と大名、家来。分厚く積み重なった関係で。上位がオオヤケ、下位が私的。全員に関わるpublic。それが政治。空間の区別の発想は日本にはない。下位の者が上位に従う。現在の地方公共団体。徳川時代の公方が頂点に。大名や家臣。オオヤケわたくしの構造が何重にも。中国の公、という概念を儒学者は使った。
嘉永6年にペリー艦隊が。開国。西洋諸国に無知だったわけではない。医学や自然科学、世界地図。浮世絵なども西洋に影響を。社会風俗や政治制度に関心を持つようになったのは開国から。議会制度のいち早い受容。元々は中国由来の公共。横井小楠。西洋から輸入した議会制度の導入を。横井小楠はあくまで朱子学をベースに。13世紀以降王朝公認に。東アジアの知識人の国際標準。官吏登用試験は朱子学を学んだ者が。徳川時代には朱子学が民間の学問として普及し、枠組みに影響を。荻生徂徠の思想は朱子学を徹底的に批判。様々な儒学や国学などが。朱子学は藩校でも。天、大宇宙における万物は理に則って運動する。人間の心にも天理が備わっている。性。普遍主義、平等主義を持った思想。横井小楠はそれを活かそうとした。武士たちに身分を超えて討論させるべき。対等な討論を重んじる側面が朱子学にはあった。学問所の理の追及だけでなく。政治に関する討論は被治者も含めて家の内で実践するべき。democracyを活性化させる為に熟議民主主義を。日本でも討論型世論調査を。あくまでも朱子学が前提だが、熟議民主主義と似た構想を横井小楠が。議会制の受容を訴える。「海国図志」。従来は西洋人を夷狄とみなしていたが、日本より優れた政治を行っている。儒学の理想である尽誠が。堯舜三代の理想。アメリカは公共和平な政治。徳の高い人を選んで政治をさせる点で、徳川とは異なる。儒学の理想に近い。議会による政治を高く評価。儒学においては尽誠の方針が。議会政治と大統領制を評価。徳川政治にも関わりながら。公概念から公共を。議会政治は徳川末期の政治に広く共有される。五箇条の御誓文。冒頭には万機公論に決すべし。議会制の定着を可能にした。一種の弊害もあったが。話し合いによる問題解決への期待感は高いが、政党の競争は批判的に捉えられる事が多い。公共の政治を巡る徳川政治は光と影を。

 

政治学へのいざない (放送大学教材)

政治学へのいざない (放送大学教材)